【おしらせ】10/28(日)古淵朝市まつりに参加する為、15時以降で予約を受け付けます。詳しくはこちらから。
イベントのご案内

11月23日(祝)の満月の日に、マクロビオティックも学べるヨガスタジオ「Cocorobi(ココロビヨガ)」さんと、特別コラボ企画を行います。ヨガに、フェルデンクライスに、マクロビランチも楽しめるイベントです♪
残り僅か!ご予約はお急ぎ下さい!

詳しくはこちら

反り腰のためのウィリアム体操とコルセットの巻き方

反り腰の簡単なセルフケア(ウィリアム体操・エクササイズ)

注意!!
「反り腰」の方の中には、腰が反っているように見えて、実は腰が丸まっている(屈曲している)ような方や、ヘルニアを併発させている方が居ます。そのような方は、この体操を行うと症状を悪化させます。ですから、必ず、専門家の指導の下に行うようにしましょう。体操は、自己責任でお願いします。
DSC_2399

この体操を行う前に、まず仰向けになって、自分のどこの部分が床から浮いているのかを確認しましょう。

※写真は、専用のコルセットを巻きながら行っています。コルセットで補助してあげると、腹圧が掛かるために、より効果が上がるかもしれません。

DSC_2401

両膝を抱え込みます。両手は組んでも組まなくても構いません。

膝を抱えられない方は、膝の裏でも結構です。

DSC_2402

すねは天井方向に力を入れますが、両手はその力に抵抗して下さい。

「1・2・3」で力を入れて、その後、「1・2・3」で力を抜きます。
これを20回を1セットにして、朝・昼・晩やると良いでしょう。

力を入れた時(押し合いっこ時)に、先程まで浮いていた腰の辺りが、床に押し付けられる感じがあれば、うまく出来ていると思います。

反り腰のセルフケアの注意点

◎ 最大1日6セット(120回)まで!!(※やり過ぎはヘルニアになる危険があります)

腰痛コルセットの巻き方・着け方

腰痛コルセットはこういったものを選びましょう
● 強力に固定できるもの(二重巻きがベスト)
● 力を入れずに、巻きやすい
● 長いこと使ってもよれにくい
● 固定箇所がずれにくいもの

1.仮止めをします

固定する位置は、ウエスト(腰のくびれ)となります。

コルセットの帯を大きく外側から巻きつけて、腰全体を固定するのが、正しいコルセットの巻き方です。
写真では、外側のストラップも固定されていますが、この後にしっかり固定していきます。

2.外側のストラップでさらに固定

外側のストラップを大きく外に引っ張ります。

【ワンポイント】脇腹から腰全体を固定していくという意識で、巻きましょう。

3.巻けました

コルセットに頼りすぎますと、腹筋が弱化してしまいますので、上記のウィリアム体操などを行い、一日も早くコルセットが必要のない状態になると良いですね。
からだケアルーム クオリア