カイロ適応症状 治療院の選び方


整体・接骨院・整形外科、それぞれ得意不得意がありますので、「自分はどこに行けばいいのか?」の参考にして下さい。

カイロ適応症状

首・肩・頭・上肢(腕・手)

肩こり・首こり、頭痛、眼精疲労、ストレートネック、頸椎椎間板ヘルニア、肩関節周囲炎(五十肩、四十肩)、胸郭出口症候群(小胸筋症候群・肋鎖症候群・斜角筋症候群など)、手のしびれ、手や腕のむくみ、手や腕の冷え症、肋間神経痛、背中の痛み、むち打ち症(後遺症)、頸部脊柱管狭窄症、頸部椎間関節症、寝違え、側弯症、手根管症候群、頚椎捻挫など

腰・骨盤・臀部・下肢(股関節・膝・脚・足)

腰痛、反り腰、ぎっくり腰、骨盤の歪み、仙腸関節可動性亢進、腰部椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、椎間関節症、坐骨神経痛、生理痛、足のしびれ、足のむくみ、足の冷え性、膝の痛み、変形性膝関節症など

自律神経症状・不定愁訴・ストレス、その他

自律神経失調症、更年期障害、不眠、たちくらみ、低気圧性頭痛、めまい、慢性疲労(過労)、生理痛、内臓機能低下、不定愁訴、猫背などの姿勢不良、など
骨の変形は治せません
上記は、カイロプラクティックで効果があるとされている適応症の一例ではありますが、変形性膝関節症など、その変形した骨など構造を治す事は当然ながら出来ません。
しびれや痛みなども、その原因や度合いによっては施術が禁忌の場合もあります。
カイロプラクティックで扱えない症状
内容をここに書く外傷 (打撲(うちみ)、ねんざ、脱臼、骨折、むちうち(急性期)など)は、カイロプラクティックでは適応外となります。外傷は、整形外科や接骨院に行くことをおすすめします。
くも膜下出血などの中枢(脳)の疾患、心疾患、悪性腫瘍(ガン)、てんかんなどもカイロプラクティックでは扱えません。

治療院の選び方

どこに通えば良いの?
「整形外科」、「接骨院・整骨院」、「カイロ・整体」、「鍼灸」、「指圧・マッサージ」などがありますが、それぞれ得意分野と不得意分野があります。
自分の症状は、どこに行けば最も良くなるのだろう?これを見極めることが大切になります。

整形外科

こういう方にオススメ!
「保険が利くほうが良い」「安くすませたい」、治療法や効果よりも価格を重視される方や、外傷などの緊急時の場合は、適していると思います。
良い点悪い点
○ 健康保険が使える。
○ レントゲンなどで画像診断が出来る。
○ 薬や注射で痛みを止めることが出来る。
○ リハビリが充実。
× 保険診療では治療時間の制約があるため、薬や牽引や電気治療などの保険適応内の理学療法などの対症療法に頼らざるを得ない。
× 画像診断に頼りすぎて、動いている時の状態を見逃してしまうことが多い(全ての医療機関ではないですよ)。
整形外科の治療は?

牽引や電気、注射、リハビリがメイン。痛みを取ることを目的に、痛み止めの薬などによる治療を行ないます。

どこに行ったら良いかわからない時は、「整形外科」が無難です。
どうしても、仕事に穴を開けられないなど、急場しのぎをせざるを得ない状況では、注射や薬で対処した方が楽だとは思います。

痛みは取れても、根本的な部分が治っていなければ、再発する可能性があります。

整骨院・接骨院

こういう方にオススメ!
「保険が利くほうが良い」「安くすませたい」、治療法や効果よりも価格を重視される方は、適していると思います。
良い点悪い点
○ 健康保険が使えます。
○ 骨折・脱臼・打撲・ねんざなど、主に外傷での症状が得意。(基本的に患部の「固定」と「圧迫」がメインです)
(※ ただし、骨折は打撲と見分けが付かないこともあるので、整形外科でレントゲンを取ってもらった方が良い)
× 保険診療では治療時間の制約があるため、牽引や電気治療などの保険適応内の理学療法などの対症療法に頼らざるを得ない。
【保険は使えるけれども・・・】
△ 健康保険が使えるが、本来、腰痛・肩こり治療では保険適応外(「領収書」を出さない所が多いと思いますが、その理由はご自身で検索してみて下さい。)
整骨院・接骨院の治療は?

「整骨院・接骨院」で行なっている治療は、「整形外科」と「カイロ・整体」の中間という所です。

治療内容としては、薬や注射はないものの「整形外科」とあまり変わりはありません。基本的に電気治療や牽引、マッサージなどがメインです。(薬や注射は行いません)

痛みは取れても、根本的な部分が治っていなければ、再発する可能性があります。

整体・カイロプラクティック

こういう方にオススメ!
対症療法ではなく、根本から治したいという方には、おすすめ。
良い点悪い点
○ 毎日通う必要はない。(※ 当院では、術後のアフターケアで効果を維持できるように気を配っております)
○ 関節の動きを整えたり、神経の働きの乱れから来る症状が得意。
○ 筋肉のバランスや骨格を整えることが得意。
○ 筋肉をほぐすことで、コリを緩和させる。
× 健康保険が使えないので、金銭的な負担が大きい。
× 外傷や急性期の症状などは、不得意(禁忌)。
× 施術院により治療レベルが異なる。
× カイロや整体は、それぞれ様々なテクニック(流派)があるので、どういう施術をされるのか、わからないことが多い。
【良い点とも、悪い点とも・・・】
△ 治療時間が長い
整体・カイロプラクティックの治療は?

「整形外科」などは、もちろん手術などの治療技術の差はあると思いますが、「薬」「注射」「電気」などの治療では、どこの治療院だろうが、それほど大きな治療効果に差は出ないと思います。

ただし、カイロプラクティックや整体は、機械を使わずに手で施術をしますので、治療効果の差が顕著に出てきます。
治療するテクニックの違いなどでも、その人その人で相性がありますので、一律にこういう効果が出ますとは言えません。

道具を使うこともありますが、基本的に手で施術します。引っ張ったり、押したり、伸ばしたりと様々な施術法があります。根本治療を目指している施術院が多いです。
ただし、問診や検査をせずに、患部ばかりを揉んでばかりいるような施術は、対症療法に近いかも知れませんね。

リラクゼーション

こういう方にオススメ!
街中のリラクゼーションマッサージやクイックカイロなど、揉んでもらってすっきりしたい方に、おすすめ。
良い点悪い点
○ リラックス効果を得られる。
○ 時間別でコースが分かれていることが多く、通いやすい。
× 基本的に問診・検査はない。
× リラックスすることがメインで、治療を目的とはしていない。
× 施術内容がマニュアル化されている。
× お客さんから言われた場所を施術する慰安施術。
× 健康保険が使えない。
× 施術者により施術レベルが異なる。
× 繰り返しのマッサージで、筋肉が硬直化し、より強い刺激を求めてしまう。
リラクゼーションの治療は?

同じマッサージでも、筋肉の走向をわかってて施術する場合と、そうでない場合では、まったく施術効果が変わってきます。症状の改善を目的として行くのならば、効果が薄いかも知れませんが、リラックスしたいとか、癒されたいと思うのであれば、ご自身の体調を見ながらご利用になるのが良いと思います。(院長も大好きです 笑)

基本的に手で施術をします。

ちなみにクイックカイロと称するものは、カイロプラクティックではありません。骨格を治したり、神経系に対する施術は行なわない、ただのクイックマッサージです。
しかし、気軽にいけると言う心理からか、心からリラックスできて、それで症状が根治する方もいらっしゃいますね。