相模原市南区古淵の『痛みと動き』の整体院

こどもの運動発達コース

金曜10時~16時 土曜10時~18時 (他は応相談)
お子さんの
「こんなところ」
気になっていませんか?

 落ち着きがない
 手先が不器用
 運動が苦手
 集団行動が苦手
 食べこぼしたり、スプーンやお箸がうまく使えない
 偏食がひどい
 朝、起きられない
 運動が苦手
 おねしょがなかなか治らない
 怒りっぽい

フェルデンクライスで
学びの土台作りを
サポートします!

フェルデンクライスって何ですか?

フェルデンクライスメソッドは、イスラエルの物理学者モーシェ・フェルデンクライス博士が開発した学習法です。赤ちゃんの成長過程、神経構造に基づいて、開発されました。

身体の動きを通じて、私たちの脳や神経系の学習システムに直接働きかける学習法です。

運動発達に支障があるお子さんへのサポートにも、最近注目されているメソッドです。

赤ちゃんの学びが全ての学びの土台

感じている赤ちゃん動いて何かを感じてる・・・

ところで、赤ちゃんは、どのように立ちあがるのでしょう?

様々な環境の中で、たくさんのトライ&エラー(挑戦と失敗)を繰り返しながら、『頭を持ち上げる→寝返り→ズリばい→ハイハイ→立つ→歩く』と、誰から教わることもなく、これらを学んでいきます。

動いては感じ、動いては感じ、その繰り返すトライ&エラーが、脳の中に複雑な神経回路を形成していきます。そして、それぞれ異なる個性を持つ人間へと成長していきます。

赤ちゃんの頃のこの学び方を、フェルデンクライス博士は『Organic Learning(オーガニック・ラーニング=生まれながらに持つ自分の特性を活かしながら、自分を伸ばしていく学び)』と呼び、人間の全ての学び方の基礎と考えました。

身体の大きさもみんな違う・・・

動きの選択肢が増えると、世界が広がる

どうやったら届くのかな?

例えば、高い所にあるものを取ろうとします。

「ある子は、つま先立ちで背伸びをしました」
「ある子は、ジャンプをしました」
「ある子は、長い柄のある道具を使いました」
「ある子は、椅子を持ってきて、それに立ちあがりました」
「ある子は、本を積み上げて、それに立ちあがりました」
「ある子は、背の高い人にお願いをしました」

高いところのものを取るだけでも、アイデアは無限にあります。ところが、1つのアイデアしか知らないと、何か困難に直面した時、すぐに諦めてしまいます。

他にアイデアがあれば、「これが上手くいかなかったから、今度はこれを試してみよう」とか、「これとこれを組み合わせてやってみよう」とか、工夫が生まれます。工夫が生まれると、世界が広がります。

世界を広げる土台となるのが、動きの選択肢(動きのバリエーション)を増やすことなのです。

シナプスは無限に広がります

学びの土台作りをサポートします

当院で行うサポートは、集団生活や社会生活を送るための実践的な「訓練」ではありません。やり方を教えるのではなく、『学び方を学ぶ』という、人間の基礎を育みます。

つまり、私たちが働きかけるのは、人間の身体を樹に例えるならば、根っこや太い幹、土壌作りの部分です。

しっかりとした根を張り、どっしりと安定した幹があってこそ、のびのびと枝を伸ばすことが出来るようになります。そして、青々とした葉を繁らせ、おひさまの光をいっぱいに浴びることが出来るようになるのです。

実際のレッスン例

成長過程には個人差があります。
Kくん5歳の例

親御さんが気になっていること
 多動
 言葉の遅れ
 上半身の力が弱い
 絵がうまく描けない

Kくん5歳の場合
  • 初回
    2語文が話せるように

    単語レベルの言葉しか話せないKくん。会話はうまく出来ないものの、こちらの話は何となく理解できているようでした。
    自分の身体を理解してるかな?というわけで、ボディイメージを調べましたが、親指と人差し指以外は、全部中指と言いました。

    骨模型が気になるらしく、自分の身体に興味を持ち始めた様子。骨を見ながら、自分の身体を触らせたり、骨の動きを真似させたりしました。

    眼が震える様に動きが止まりません。脳からの電気信号が過剰なのかも知れません。頭を触られるのを極端に嫌がります。何かありそうですね。

    足から頭へ力がうまく伝わるように施術を行いました。

    初回レッスン後に起こったこと
     帰宅後、急に言葉数が増えた
     あれ取って!こっち見て!など、指図をするようになった
  • 9回目
    バランス感覚が良くなりました

    ヨガブロックの上で逃げ回る遊びをしています。以前は、目があちこち動きすぎで、頭が真ん中に保っていられず、多動が顕著でした。しかし、目線が水平に保てるようになってからは、バランス感覚も良くなりました。

    多動も落ち着き、子育ても楽になったそうです。

  • 20回目
    悩みが増えた?

    だいぶ会話で意思疎通も出来るようになってきました。発達検査でも、正常値に入って来たそうです。随分、背が伸びましたね。

    「最近、息子が良く悩むようになった」と親御さん。今まで気づかなかったことに気づけるようになってきた成長の証です。

    以前は、反射的な行動が目立っていましたが、立ち止まることを覚え、自分が他の人と比べて出来ないことなどが、少しずつわかってきたのでしょうね。

  • 22回目
    発達検査で「標準値より上」に!

    今日は遊びデー。随分と難しい言葉を話しながら、ブロックを積み上げていきます。会話レベルが著しく上がっているのでビックリ!
    聞くと、最近行った発達検査で、語彙力と知識が標準値より上のスコアをマークしたそうです。

    幼稚園でのお遊戯の習得が、他の子よりも早かったり、お友達の輪に混ざっても、違和感がないようですね。

    多少の凸凹はあるようですが、普通級でやっていけるのでは?と、病院の先生からも言われたそうです。
    ここにきて、一気に成長出来ましたね!

院長
院長

Kくんは、2週に1回のペースでレッスンを行っています。親御さんの希望としては、小学校には普通級に入れたらとのことでした。
初回レッスン後から、2語文を話せるようになったりなど、大きな変化が見られました。
身体が様々に使えるようになるにつれ、遊びも創意工夫が増え、上半身の力が増し、今では会話での意思疎通も出来るようになってきました。
初めてのセッションから10か月ですが、発達検査で語彙力と知識面で、標準値より上のレベルにまで成長できました♪普通級に入れそうな勢いですね!成長が客観的に評価されて良かったです♪

Tくん3歳の例

親御さんが気になっていること
 軽度の自閉症
 言葉の遅れ
 発音が不明瞭
 スプーンが上手に使えない

Tくん3歳の場合
  • 初回
    初めての片付けとバイバイ

    絵本が大好きなTくん。キャーキャーと、言葉にならない声ではしゃいでいます。意思疎通は難しいですので、大好きな絵本を読んだり、ボール遊びをしながら、レッスンを行いました。

    自分の身体の真ん中(軸)を感じるようなレッスンです。足元や坐骨から、頭にどうやって力が伝わるのかな?
    その程度のレッスンでしたが、レッスン後は「ありがとう」と言えたり、ボールの片づけや「バイバイ」で手のひらをタッチすることが出来ました。

    お母様が言うには、片付けするのも、バイバイをするのも初めてのことで、ビックリされていました。

    初回レッスン後に起こったこと
     帰りの車で、3つの新しい言葉を話した
     家に帰ってから、よく話すようになった
     今まで不明瞭だったある言葉が、ハッキリと言えるようになった
     「痛い」などの気持ちを話すようになった
  • 2回目
    他の子の世話が出来るようになった

    前回のレッスン以降、バランスボールでの遊びが好きになったようです。今回は両手両足がしっかり床につけて、力が伝えられるようになるようなレッスンを行いました。

    通っている療育園で他の子の世話をやくようになった、おしっこをする前と後でお母様に報告するようになった、身体の部位を指をさして言えるようになった、スプーンが上手に使えた、などなど出来ることが増えています。

    しかし、まだ、2回目ですが随分成長していますね。

  • 3回目
    アイコンタクトが増えてきた

    耳で感触を確かめるようなことが多いですね。床に耳を付けたかと思ったら、そのままでんぐり返し。彼の動きについていくように、レッスンを行いました。

    眼を合わせてくれることが増えて来たそうです。そして、よく笑うようになってます。壁倒立にチャレンジして出来るようになった、友達におもちゃを譲れた、トランポリンが上手に飛べるようになった、以前より指示が通りやすくなった、などなど来る度毎に、大きな成長が見られますね。

院長
院長

Tくんは、1週間に1回のペースでレッスンを行っています。軽度の自閉症ですが、自由に動き回ってしまいますので、好きなものに興味をひかせながら、レッスンを行っています。
1年前までは全く発語もなかったのですが、レッスンを受け始めてから、毎日のように、新しい言葉が増えているそうです。言葉のストックは脳にあるのでしょうが、発語に繋がる神経システムが、レッスンで目覚め始めたのでしょうね。
まだ、レッスンを始めて1か月。これからの成長が楽しみです。

Sくん6歳の例

親御さんが気になっていること
 多動傾向

 注意の集中が出来ない
 手先が不器用
 姿勢が保てない
 片付けが出来ない

Sくん6歳の場合
  • 初回
    バランスを取って歩けるかな?

    大好きなママと2人でのレッスンです。言葉の理解等、認知には問題がありませんので、言葉の指示による運動のレッスンです。

    お互いぶつからないように歩いたり、猫になりきってみたりして遊びました。自分の身体の大きさがわかっていないと、ぶつかってしまいます。

    ヨガブロックで作った細い道の上を落ちずに歩けるかな?上手にできたのでハグ♪

    細い道やお互いぶつからないなど、色々な制約を作ると、その限られた状況の中で、自分の身体の使い方を考えるようになります。それが注意の集中に繋がってきたりします。

  • 2回目
    動きの変化に気づけたかな?

    サッカークラブのあとで、疲れてややご機嫌斜めのSくん。たくさん動いて疲れていたので、施術だけを行いました。首や背中の動きが固かったのですが、施術しているうちに、柔らかくリラックスしてくるのを感じました。

    本人は気づかないでしょうが、動きが滑らかに変わってきました。眠い中、良く嫌がらずに頑張りました!

  • 6回目
    反復横跳びの回数が増えた

    2か月ぶりのレッスンです。目を水平に動かすことは出来るのですが、あるポイントになると目線が飛びます。この辺が集中が難しい原因なのでしょうね。

    水平に動くということで、反復横跳びをしました。20秒間に何回出来るかな?

    足裏、足指、足首、膝、股関節と連動して動けるように、施術を行いました。すると、施術前は20秒間で平均17回でしたが、施術後は平均20回にアップしました。

    結果が良かったので、以前やった風船ヘディングを行ったところ、以前は風船を見ながらヘディングが出来なかったのですが、それができるようになりました。背骨から頭まできちんと使えるようになっていました。背骨から頭まできちんと使えるようになると、頭の位置も安定してきますので、目線が飛ぶというのも少なくなってくると思います。

Mariko
Mariko

Sくんは不定期ながら、レッスンを続けています。認知や言葉には特に問題はありませんが、多動傾向です。
頭位と目の高さが安定していないので、様々なことに気が散ってしまうようです。
レッスン後に家で出来ることを教えているのですが、家でも自分からやっているようです。自分の身体に良さそうと、感じているのかも知れませんね。

こどもの運動発達コース 料金

こどもの運動発達コース

金曜10時~16時
土曜10時~18時
※その他の日時は、ご相談下さい。

対象年齢

赤ちゃん~高校生まで

対象者

自閉症、ダウン症、ADHD、多動、LD、脳性麻痺、脳梁欠損症、肢体不自由、発達性協調運動障害、低緊張、など・・・何かしらの発達に凸凹がある方

参加を希望される方へ

 お子さんから目を離さないようにして下さい。(お支払い最中に、外に飛び出す事例があります)
 施術院ですので、お店のものを壊さないようにして下さい。
 お子さんの機嫌により、レッスンが中断することがあります。
 レッスン風景の写真撮影にご協力下さい。
 レッスン風景はネットへ掲載します。ご了承下さい。

他害(噛みつく、なぐるなど)や破壊行為(ものを壊す)が強い方は、申し訳ございませんが、ご遠慮頂いております。
初回(30~45分)3,300円
2回目以降(20分~30分)6,600円
5回チケット(有効期限2か月)25,000円
5回チケット(有効期限4か月)27,000円

Q&A

なぜ、動きがぎこちないの?

A:発達凸凹な方は、ぎこちない動きが見られたりしますね。これは、自分の脳の地図帳に、自分の身体のイメージが作られていないからです。

例えば、3歳~4歳くらいの小さなお子さんが描く人の絵は、『頭足人』と呼ばれる、頭に足や手がくっついている人です。これは不思議なことに世界共通。ボディイメージの作られ方は、遺伝子に組み込まれているのかも?

胴体のボディイメージは、後から育つものなのかも知れませんね。

少し、人間らしくなってきましたね。身体の幅を認識し始めたのかも知れません。でも、脚や腕は棒のままですね。

腕の太さがわかってきたようですね。上半身と下半身がわかりつつあるようです。
手もそれらしくなってきましたね。

このように、成長に従って自分のボディイメージが出来上がってくると、より人間らしい絵に近づいてきます。
身体の動きにも同じことが言えます。細かく自分の身体を認識できるようになってはじめて、自分の身体をうまく使うことが出来るようになります。

腕の長さだったり、太さだったり、身体の幅だったり・・・
脚と骨盤の違いが判らなければ、脚と骨盤がひと塊で動くようになってしまいます。

脳に異常がなくとも、ぎこちない動きが見られるのは、ボディイメージの未発達によるところが大きいのです。

フェルデンクライスでは、『動き』を通じて、ボディイメージを培っていきます。

なぜ、コミュニケーションが難しいの?

A:あなたのお子さんは、真ん中がしっかりわかりますか?

例えば、「四角いマットの真ん中ど~こだ?」とこんなテストすると、真ん中がわからなかったり、横軸に対する真ん中は理解できているのに、前後軸の真ん中が理解できなかったりすることが見られたりします。

自分の前後や左右がわからない子は、目の前にいる相手との距離感もわかりません。距離感がわからないので、相手とのコミュニケーションも難しくなってしまいます。

ボールを投げ返すにしても、押し合いっこする遊びでも、距離感がわからないので、目を合わせられなかったり、力加減が難しかったり、どこに投げ返せば良いのかわからなかったりします。人との距離がわからないので、集団の中で孤立しがちになってしまいます。

当院でのレッスンは、多くの場合、真ん中を認識させるようなレッスンから始めていきます。

真ん中を育てるということは、お子さんの軸を作るということです。前後左右上下を感じることが大切です。

また、軸がしっかりしていなければ、ふにゃふにゃした自分の姿勢を保つことに、脳のリソース(資源)の大半が割かれてしまい、何かを学ぶとしても脳が集中できなくなります。

発達がのんびりなお子さんのほとんどが、真ん中が理解できないことから始まった、空間認知に関わる問題が関係しているのです。

なおたろう
なおたろう

今後、少しずつ内容を加えていきます♪

当院でのとりくみの一例

なおたろう
なおたろう

学ぶための土台作りを行います。

ボディイメージのチェック

ボディイメージのチェック
この指は何指?自分の身体の地図が脳に描けているかをチェックします。

空間認知のチェック

空間認知のチェック
真ん中に立てるかな?空間の中で自分はどこにいるのかな?

バランス遊び

遊びましょう
こどもの自由な発想に任せて遊びましょう。

バランス遊び

観察しましょう
バランス遊び、ボール遊び、鬼ごっこ、何が好きかな?

施術をします

施術をします
基本的にこどもはじっとしていません。動き回る中で、必要な施術を行います。

体操をします

体操をします
成長する上で大切な動きが網羅された身体調整体操です。

講師からのメッセージ

右:院長 阿部 隆行(通称:かえるのおぢさんw)
左:スタッフ 田﨑 満里子(まりこ先生)
2人とも国際公認フェルデンクライス講師です。

ひと昔、ふた昔前までは、発達がのんびりなお子さんは、「親の育て方が悪い」などと言われてきた時代もありました。

実際には、生まれながらの脳の問題で、成長のスピードに差がある場合がほとんどで、親の教育に問題があるわけではありません。まして、お子さん本人には何の責任もないのは言うまでもありません。

ただ、子供たちが成長し、幼稚園や学校での集団生活を経験し、やがて社会に出て行くまでの間、小さなつまづきや困りごとなどで、失敗体験を積み重ね続けると、

  • 「どうして自分には出来ないんだろう?」
  • 「どうして自分はいつもこうなんだろう?」
  • 「どうすれば良いのかわからない」

「どうせできない」「どうせ自分なんか」という劣等感を生み出してしまいます。

どうしても、「出来ない」ことに目が行きがちですが、本人が一番辛いのです。ですから、小さな成長(できたこと)をいっぱい褒めて下さい。

褒められた経験で、さらに「次はもっと!」と意欲を増します。その成功体験が増えるにつれ、もっともっと成長できることでしょう。

成長は数年単位の長い目で見ていく必要があります。一緒に小さな成長を楽しみましょう。

笑顔になれる整体です!

古淵近郊の相模原市・町田市にお住いの皆さんへ。
【国際資格を持つ施術者による安心な整体】です!

痛みのない、健康な身体を作りましょう!

ホームぺージ運営者
からだケアルーム クオリア 院長 阿部 隆行

当院院長。国際公認フェルデンクライスメソッド(Feldenkrais Method)講師(Feldenkrais Professional Training Program【FPTP Japan 6】修了)。MCC横浜認定メディカルカイロプラクター。施術歴10年以上。昭和大の教授等から解剖や生理などの基礎医学を叩き込まれ、根拠のある安全な施術を提供。日本では数人しかいない、フェルデンクライスメソッドを指導できるカイロプラクター。

からだケアルーム クオリアをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
施術について
からだケアルーム クオリアをフォローする
相模原市南区古淵の整体院|からだケアルーム クオリア
タイトルとURLをコピーしました