骨盤ベルト(トコちゃんベルトなど)のサイズの測り方


骨盤ベルトのサイズの測り方(産後など)

骨盤ベルトには、様々なものがありますが、自分が何に悩んでいるかによって、骨盤ベルトを巻く位置も、使うベルトのサイズも変わってきます。
また、特に「通販」でベルトを購入をされる場合、試着が出来ないですので、正しい位置で正確に測ることが、失敗しない骨盤ベルト選びになります。

ウエスト付近:コルセット
腰痛、ギックリ腰(特に急性期)、重いものを持つ、反り腰、内臓下垂など

仙腸関節付近:仙腸関節ベルト
産後の骨盤固定、腰痛、ギックリ腰(予防も含む)、骨盤がグラグラする、臀部痛など

大転子から恥骨周囲:トコちゃんベルト、ヒップサポートベルト
妊娠中、産後直後、恥骨痛尿漏れ(骨盤底筋)、内臓下垂など

 

コルセットのサイズの測り方

コルセットのサイズは、腰のくびれ辺りのウエストのサイズを測りましょう。

呼吸によってもサイズは多少変わりますので、楽な状態で測るようにしましょう。

 

【腰痛コルセットはこういったものを選びましょう!】

● 強力に固定できるもの
● 力を入れずに、巻きやすい
● 長いこと使ってもよれにくい
● 固定箇所がずれにくいもの

 
当店おすすめコルセット カイロプラクティックオフィスである当店がおススメのコルセットです。ご購入を検討される方も、そうでない方も、是非参考にして下さい。

 

仙腸関節ベルト(一般的な骨盤ベルト)のサイズの測り方

仙腸関節ベルト(一般的な骨盤ベルト)のサイズは、「腰骨」を指標として、骨盤周囲を測ると良いでしょう。

【注意】仙腸関節ベルトを選ぶ際、しばしば、ウエスト周りのサイズを測ってしまう方がいらっしゃいますが、ウエスト周りでサイズを計測してしまいますと、骨盤ベルトが身体にうまくフィットしませんので、気をつけましょう。

 

仙腸関節ベルトで固定しなければいけないのは、この写真の部分です。

仙腸関節を固定することで、骨盤の不安定感をなくし、腰痛や臀部痛の緩和を促します。

 

【仙腸関節ベルトはこういったものを選びましょう!】

● 帯幅10cm程度(的確な固定が可能!)
● メッシュ素材(蒸れにくい!)
● ケータイより薄い(動きやすい!)
● 固定箇所がずれにくいもの
● 生ゴム製は選ばない!(固定力が強すぎて悪化することもあります)

 
仙腸関節ベルトならコレ!カイロプラクティックオフィスである当店がおススメの仙腸関節ベルト(骨盤ベルト)です。これからご購入をお考えの方も、そうでない方も、是非参考にして下さい。

 

トコちゃんベルトのサイズの測り方

トコちゃんベルトやヒップサポートベルトのサイズ選びは、特に慎重に行いましょう。

写真に示しました「大転子」を指標として、サイズを測ります。

 

「大転子~恥骨」のラインを水平にして、サイズを測るようにしましょう。

ただし、トコちゃんベルトのサイズを選ぶ際は、以下のようにサイズを測るようにしましょう。

「恥骨」は、おへそから手を下の方に滑らせると、硬い骨に当たります。それが恥骨です。

 

恥骨周囲に巻くトコちゃんベルトのようなベルトの場合、仰向けの状態でサイズを測るのが理想的です。

1)仰向けになって、座布団やクッションなどで、骨盤を高くします。
2)メジャーで、「大転子~恥骨ライン」を合わせます。
3)おしりをキュッと締めながら、サイズを測りましょう。

 

【当店おススメの妊娠中のベルトはこれ!】
● 伸び過ぎない程度のソフトな伸縮性があるので、着け心地も快適!(トコちゃんベルトより快適に感じる方も!)
● 仰向けにならなくでも、ワンタッチで固定できる!
● 妊娠中にも使えますので、固定力は普通の骨盤ベルトに比べ弱いですが、産後の仙腸関節の固定にも使える!
● 固定力が弱めなので、寝ている時も使える!

 
妊娠中のベルトならコレ!カイロプラクティックオフィスである当店が、おススメする妊娠中にも使える骨盤ベルトです。(ただし、サイズが限定されているので、注意して下さい)
これから購入を検討される方も、そうでない方も、是非参考にして下さい。