ストレートネックは改善します


ストレートネックで検索した方は、おそらくすでに整形外科などに通われた方々ではないかと思います。

酷い首こりや肩こりで、「ストレートネック」と診断されたけど、湿布薬や電気治療のみで良くなった感じがしない。
実は良くならないのには理由があります。

なぜ、あなたのストレートネックが良くならないのか?

整形外科で「ストレートネック」と診断されても、湿布薬や痛み止めを処方される位で、何もしてくれなかったという方がほとんどだと思います。

ストレートネックは、ただ単に「首が真っすぐに見えるという状態」を指しているだけにすぎず、整形外科ではストレートネックを治すということはありません。骨自体に異常があるわけではないからです。

【整形外科での対応】
● 牽引や電気治療
● 理学療法士によるリハビリ
● 湿布
● 痛み止め

ほとんどが筋肉の緩和を目指した「対症療法」と言えます。

あなたの酷い肩こりや首こりがなかなか良くならないのは、普段の動きのクセや土台となる骨格を無視して、とりあえず痛みを取るために、むやみに筋肉を緩和させているからです。

ゆるんだ筋肉では、すでに悪い骨格を支えられません。
骨格が良くなってこそ、筋肉もリラックスできます。

あなたの身体の動きのクセや骨格を変えていけば、根本的に改善が出来ます。

ストレートネックのことを理解し、正しく改善していきましょう。

2種類のストレートネック

姿勢改善で良くなる 猫背型ストレートネック

整形外科で「ストレートネックと診断された」という方がことのほか多いのですが、そういった方々の約90%が猫背を治しただけで良くなります。心配ありません。

写真のような猫背の姿勢では、首がクレーンのように頭を支えなければならないので、首の骨が真っ直ぐになります。

こういう方の場合、仰向けにして、実際に首の骨を動かしてみますと、首の骨に十分な可動性があり、実際には首の骨はストレートではなく、逆に反っている(過前弯)ことがほとんどです。

 

整形外科では、頚椎一つ一つの可動性まで診ることはほとんどありません。
レントゲンを撮影して、その見た目でストレートネックと診断をします。

深刻な症状が出やすい バレリーナ型ストレートネック

上で紹介した猫背以外の残り1割の方は、本当の意味でのストレートネック(軍人首)と言えます。

上部胸椎から頚椎にかけて、弯曲がほとんどなく、一本の棒のようになっています。しかも、重症化しやすいです。

本物のストレートネックの方は、パット見は、逆に姿勢が良いように見えることがあります。背中が開いた服を着ると、美しく見えるかも知れません。

 

美しい首をもつバレリーナ

例えば、背中から首筋のラインが美しいバレリーナ。
彼女たちは首を真っ直ぐ保つ必要がありますので、訓練によって、ストレートネックになってしまう方も多いです。

ただ、バレリーナのように、見た目的にはストレートネックであっても、胸椎から頚椎へと一つ一つの骨が連動して動いているのであれば、大きな問題ではありません。

トラブルが起こるのは、その一つ一つの骨が連動して動かなくなった時です。

バレリーナ型ストレートネックがなぜ重症化しやすいか?

直立型ストレートネックの場合、仰向けの状態で、頚椎を動かしても、ほとんど動きがないか、あったとしてもわずかです(特に屈曲伸展)。

首が真っすぐで、前後の弯曲がないために、自分の頭の重みがそのまま首や肩に伝わってしまうのです。

ですので、バレリーナ型のストレートネックの肩こりや首こりは、激しい頭痛や吐き気など、深刻な症状になりやすいのです。

ここでストレートネックをまとめてみましょう。

2種類のストレートネックのまとめ

バレリーナ型 猫背型
姿勢 姿勢がよく見える 猫背(顎が前)
静的触診(※1) 首が棒のよう 首が反っている
動的触診(※2) 可動性× 可動性◎
症状 重症化しやすい やや重い
治しやすさ 少し時間が掛かる 比較的容易
レントゲン ストレート ストレート

※1 静的触診・・・身体の全体的なゆがみを調べる検査。ここでは仰向けでの検査。
※2 動的触診・・・一つ一つの骨の可動性を調べる検査。ここでは仰向けでの検査。

レントゲンの診断では、どちらもストレートに見えるのですが、実際にはこれだけの違いがあります。
多くの整形外科では、どちらもひとくくりで説明されています。

しかし、これほど違えば、治し方も変わってきます。
画像診断も大切ですが、実際の触診がとても大切になります。

当院のストレートネックの治療法

整形外科ではストレートネックと診断を下しますが、基本的に湿布薬と痛み止めの薬が処方されるだけの筋肉緩和を目指した「対症療法」となります。

クオリアでは、身体の動きと神経系へのアプローチをメインに行います。

骨の動きを滑らかにする

当院では、まずは骨格の状態を調べ、骨の動きをスムーズにする施術を行ってきます。

骨の動きがなめらかであれば、余計な筋肉を使う必要がないからです。

優しい動きで神経系をリラックスさせていきます。

 

全身の骨格を整える

首や肩回りだけを施術しても、土台がしっかりしてこないことには、肩や首、頭を支えきれません。

 

セルフケアで自宅でもケア

当院ではセルフケアに力を入れています。悪くなるのは、日常で行っている何気ない動作だったりします。

それをリセットするような工夫のされたセルフケアを指導します。

 

これらを同時に行っていくことで、骨格を整えていくだけでなく、神経系にやさしい刺激を与え、筋肉が次第に緩和されていきます。

ストレートネックと診断された方は、是非、当院の施術をお試し下さい。