産前から産後の骨盤ベルトは、いつからいつまでするの?


このページでは、妊娠から出産、そして産後に遣う「骨盤ベルト(骨盤サポーター)」についてまとめます。是非、骨盤ベルト選びのご参考にお読み下さい。

妊娠から出産、そして産後と、「骨盤ベルト(骨盤サポーター)」で一番悩むのは、『どんなベルトを使ったらよいのか?』ということではないでしょうか?

妊娠してから、女性の身体は短期間に劇的に変わります。 その時その時の身体によって、骨盤ベルト(骨盤サポーター)も使い分けなければならないのをご存知でしたか?

快適な妊娠出産生活を送って頂くためにも、正しいベルトの使い方を知りましょう。

 

妊娠して広がる骨盤

女性は妊娠初期の段階から出産に備え、リラキシンというホルモンが分泌され、骨盤が開いていきます。おなかやおしりが大きくなってくるばかりではなく、胸も大きくなってくるなど、ごく短期間で身体が劇的な変化をします。女性にとって、骨盤は赤ちゃんの受け皿になりますので、男性に比べ骨盤が広くなっています。元々、横に広い骨盤がさらに広がるわけですから、スタイルを気にされる女性であれば、当然、骨盤ケアは気になることでしょう。

出産に備えて、背中側の仙腸関節が少しずつゆるんできて、赤ちゃんの受け皿を広げていきます。

また、同時におなか側の恥骨結合も少しずつゆるんできます。

骨盤を少しでも安定させて、快適な妊娠生活を送るために、整体やカイロと言った手技療法や、トコちゃんベルトのような骨盤ベルトでのセルフケアなど、検討されると思いますが、ここでは「骨盤ベルト(骨盤サポーター)」を使ったセルフケアをご紹介します。

 

妊娠していることがわかったら?

妊娠していることがわかりましたら、コルセットのような腰全体を強く覆うような骨盤ベルトは避けましょう。 腰が痛いからと、何も考えずに骨盤ベルトを巻きますと、おなかの血行も悪くなり、しかも、赤ちゃんには窮屈で悪影響が出ます。ですので、『妊娠中はおなかに骨盤ベルトをしない!』と覚えておきましょう。

妊娠3か月までの骨盤ベルト

まだ、それほどおなかも目立たない時期ですね。

この時期から腰痛になる方がいますが、安定期を迎えるまでは、整体やカイロなどの手技療法も、受け入れてくれる施術院が少ないかも知れません。

コルセットや仙腸関節ベルト(サポーター)を使いたいけど、お腹を締め付けるから使えない。
腰が痛いのであれば、ベルトではないですが、キネシオテーピングをおススメします。

この時期から、臀部痛尿もれ酷いつわりなどがある場合は、トコちゃんベルトのような恥骨帯を固定できるベルトを着けるのも良いかも知れません。ただし、このトコちゃんベルトは、腰痛にはあまり効果を発揮しません。

これらの症状がないのであれば、骨盤ベルトの必要はないと思います。

妊娠5か月程度の骨盤ベルト

妊娠5か月ほどになると、他の人が見てもお腹が膨らんでいるのがわかるようになります。

早い人では、この頃から「胎動」を感じる方も居ります。

胎盤も完成し、いわゆる「安定期」に入っています。

この頃から骨盤ケアを意識される方は多いのではないかと思います。

 

この時期になったら、当たり前ですが、絶対に仙腸関節ベルトやコルセットは使わないで下さい。

腰が痛い場合は、キネシオテーピングさらしで優しくおなかを包むことで、腰をサポートしましょう。

臀部痛恥骨痛尿漏れなどがある場合に限らず、この時期から過度に恥骨が開いて、内臓や赤ちゃんが降りてこない様にするためにも、トコちゃんベルトのような恥骨帯を固定できるベルトを使いましょう。(※ 当店では、お取り扱いしておりません)

ただし、全ての人がベルトに適しているわけではありませんので、合わないなと思ったら、巻かない様にしましょう。

妊娠9カ月程度の骨盤ベルト

もうすぐ出産です。

おなかはかなり大きくなり、下に赤ちゃんが降りてきている感覚がわかることでしょう。

この時期も、基本的には5か月目の時と使うベルトは変わりません。

腰の痛みには、キネシオテーピングさらしを優しく巻く。

症状は何もなかったとしても、トコちゃんベルトのような恥骨帯を固定できるベルトでの保護は必須だと思います。

 

出産直後の骨盤ベルト(Step1 産道を閉じる)

ご出産おめでとうございます。

普通分娩や帝王切開に限らず、骨盤の「仙腸関節」や「恥骨結合」はゆるんでいます。

骨盤を固定する順番としては、「恥骨結合 → 仙腸関節」の順で、固定していきましょう。(同時並行で固定しても良いと思います)

まず初めにやるべきことは、産道を閉じることですね。

特に、恥骨周囲痛尿漏れ会陰切開による強い痛み強い臀部痛などがある場合は、必ずトコちゃんベルトさらしで優しく固定しましょう。

ただし、これらの症状がない場合は、トコちゃんベルトの役割はこれでおしまいです。

 

恥骨周囲の痛み等が安定したら(Step2 仙腸関節を固定する)

この恥骨周囲の痛みが安定してきたら、もうトコちゃんベルトの出番は終わりになっています。

ここからは、仙腸関節ベルト(サポーター)コルセットの出番になります。

仙腸関節付近の痛み腰痛おしりの外側を叩きたくなるような臀部痛がある場合は、仙腸関節ベルト(サポーター)です。

仙腸関節ベルトは、万能型のベルトですので、産後で骨盤ベルト選びに迷ったら、迷わず「仙腸関節ベルト」をおススメします。

 

赤ちゃんを抱っこするときに腰が辛いギックリ腰のような痛みがあるなどの場合は、コルセットでも良いと思います。

さらに、痛みなども何もなく、早く元の体形に戻りたいという方は、適度な運動と共に、ヒップサポートベルトガードルなどを使っても良いですね。