古淵かえる整体院(旧:からだケアルーム クオリア)

院長・スタッフ紹介

なおたろう
なおたろう

古淵かえる整体院のスタッフを紹介いたします。

どんな人が施術をするのか?それを知るだけでも、安心感につながるかも?(笑)

スタッフ紹介

院長

古淵かえる整体院 院長

院長 阿 部 隆 行

国際公認フェルデンクライスメソッド プラクティショナー
MCC横浜認定メディカルカイロプラクター
リンパドレナージュ療法士
9月生まれ 相模原市出身
神奈川県立麻溝台高校 卒業
青山学院大学文学部英米文学科 卒業

院長
院長

はじめまして。相模原市南区古淵にある整体『古淵かえる整体院』の院長の阿部です。
「どんな人が施術をするのだろう?」と不安に思われる方も居られると思いますので、簡単に自己紹介をしたいと思います。

どんな思いで施術をしているのか?
  • 腰を痛めた流通業でのサラリーマン時代

    整体の仕事を始める前は、今の仕事とは全く関係のない流通業で働いていました。立ち仕事がメインで勤務時間も長いのが流通業。人間関係にも恵まれ、好きな仕事でしたが、硬い床で立っている時間が長く、腰を痛めてしまい(腰椎すべり症)、それが整体の道を志すきっかけになるとは、人生何があるかわかりませんね。

  • 父や会社の大反対を押し切り、整体の世界へ

    しかし、安定した収入を捨て、整体という収入も保証されない不安定な道に進むわけですから、両親が知ったら大変心配するでしょう。母はともかく、特に心配性の親父は大反対するに違いありません。

    また、会社は会社で、次の辞令で自分が重要なポストに任命されるのが確実な状況でした。簡単にやめることが出来なくなってしまう前に、カイロ学校入学という既成事実を作って、退社を押し切ろうと思いました。

    というわけで、誰にも相談せずに、隠密行動を始めます。

    初めて出会ったものが『本物』でなくてはならない。学校選びは慎重に行いました。
    一生この道でやっていくのであれば、しっかりとした基礎知識を学べる学校でなくてはいけません。

    しかしながら、ほとんどの学校が、ビジネスライクでした。
    先輩はどのくらい稼いで成功してとか、バラ色の人生が待っているとか、良い事ばかり話をしてきました。

    しかし、ある学校だけは違いました。

    「カイロなんて、大して儲からない!先輩達も散々たるもんですよ。それでも、この世界に飛び込む気はあるか?」と、面接で整体の道に入る覚悟を問うてきました。その理事長の言葉に、ここは『本物を教える学校』だと確信しました。

    それが、自分が通う事になったカイロの学校『MCC横浜(※現在は閉校)』です。

    決めるや否や、学校の定員が締め切られる前に、さっさと入学金を支払ってしまおう!
    これでもう後戻りは出来ません。

    案の定、親父や会社から猛反対を食らいましたが、強引に押し切る形で、整体の道へ進むことになりました。
    29歳の春のことです。

  • 自分が通う事に決めたカイロプラクティックの学校「MCC横浜」は、昭和大の名誉教授が発起人となって立ち上げた学校でした。整体のような代替医療に対して、快く思わない医療従事者は多いですが、医療関係者が立ち上げたという点でも異色の学校だったと思います。

    現代の医療に風穴を開けようという気概を感じる学校でした。

    先生方は、ほとんどボランティアに近く、学校の理念に賛同して集まったような感じでした。また、今の医療について、問題意識を持った方々でした。

    「今の病院はレントゲンや検査に頼りすぎて、人そのものを診ていない。君たちは人を診なければならない。検査の前に患者の話を聞きなさい。検査をしなくても、原因の8割はわかる。だから、話をしっかり聞きなさい。」

    ※MCC横浜での卒業式のひとこま

    そういった先生達の気持ちにもこたえるべく、朝から晩まで毎日勉強を続けた2年間の学校生活は、人生の中で一番充実して学んだ、濃密な時間だったと思います。

    そして、整体の道に入る一番最初の選択は、間違いなかったと確信しています。

    2008年に開業してから10年以上もこの整体の世界で続けてこられたのは、全人医療に対し情熱的な先生方に叩き込まれた、その基礎があったからだと思います。今でもその教えを胸に、話を聞いて施術を行うというのをモットーにしています。

  • 講師活動、そして新たなステージへ

    その後も自分に足りない知識や施術を習得する傍ら、一方でポーラ化粧品のセラピストさんや、町田の整体師さんなど、プロの施術家に教えたりもしました。

    ※セラピスト向けのリンパ座学講習風景

    ※セラピスト向けのリンパ実技講習風景

    最近では、フェルデンクライスメソッドの国際資格を4年かけて取得し、発達障がいのお子さんへの新たな取り組みを始めています。難しさは感じていますが、成長が見られた時は何とも言えない嬉しさを感じます。

    ※こどもの発達支援のためのセッション風景

  • 決意を新たに

    一般的な整体では、単に身体の歪みや痛みのケアだけで終わってしまいます。以前の状態に治してあげることを目指します。

    当院で行うフェルデンクライスメソッドは、以前の状態に治すというより、新たな自分の可能性を探ることで、より高い次元の状態を目指す施術です。

    以前のやり方を繰り返すことで、また元に戻ってしまうのであれば、そのやり方を変えなければなりません。

    「このやり方がダメだったら、このやり方を試してみよう」

    その選択肢を増やしてあげることで、自分の可能性を増やしていきます。
    実は何気なく行っているように見える施術ですが、実は思考にも大きな影響を与えます。

    レッスン(施術)を行うと、脳の中でシナプスのつながり方を、無数に広げていきます。
    脳の中では、動きも思考も同じように扱われます。ただの神経同士の繋がりでしかないわけです。

    考えていることや性格とかは、姿勢にも良く表れますよね。
    元気なさそうな姿勢とか、近寄りたくない怖い歩き方の人とか。

    動きが変わると、思考にも影響を与えます。

    ストレスを感じても前向きに生きられるようになったとか、今までとはダンスの踊り方が変わったなど、生き方そのものまで変えてしまうものです。

    自分の経験をお話しすると、フェルデンクライスを始めてから、こどものころからあんなに苦手だった動物達にハマってしまったことです。笑

    そのくらい影響をもたらすメソッドなのです。

    まだあまり日本では知られていないメソッドですので、是非、皆さんに知ってもらえたらと思います。
    ライトな感じで来られても結構です。

    痛みの改善だけでなく、日々の健康づくりやダンスパフォーマンス向上、美容目的の方も歓迎いたします。
    情熱を持って、皆さんの健康づくりを通じ、社会に寄与して参りたいと思います。
    よろしくお願い致します。

キャリア

国際公認 フェルデンクライスメソッド プラクティショナー
Feldenkrais Professional Training Program(FPTP)Japan 6 修了:4年間
Australian Training and Accreditation Board【AusTAB】により認可された国際ライセンスを取得。(※AusTAB:オーストラリアとアジア太平洋地域を統括するフェルデンクライスの認定委員会)
MCC横浜認定 メディカルカイロプラクター
Medical Chiropractic College Yokohama 修了:2年間
セミナー参加履歴
アプライドキネシオロジー(AK)、クラニオ・セイクラル・セラピー、リンパドレナージュ、FI勉強会、特別な支援が必要なこどもの発達セミナーなど

趣味・キーワード

あひる、マザー牧場、スズキハスラー、ちいかわ、旅かえる、スーパーマーケット散策、Michael Jackson(子供の頃からの大ファン)、アイリッシュダンス、野球(王貞治、落合博満、イチロー、松井秀喜など)

座右の銘

情熱は人の心を動かす

スタッフ 田﨑

古淵かえる整体院 スタッフ 田﨑

フェルデンクライスメソッド プラクティショナー
田 崎 満 里 子

国際公認フェルデンクライスメソッド プラクティショナー
リンパドレナージュ療法士
9月生まれ 横浜市出身

Mariko
Mariko

はじめまして。田﨑です。

身体の本来のつくりの最も良い状態を目指し、おひとりおひとりに合わせた施術を提供してまいります。

キャリア

国際公認 フェルデンクライスメソッド プラクティショナー
Feldenkrais Professional Training Program(FPTP)Japan 6 修了:4年間
Australian Training and Accreditation Board【AusTAB】により認可された国際ライセンスを取得。(※AusTAB:オーストラリアとアジア太平洋地域を統括するフェルデンクライスの認定委員会)
その他の資格
日本野菜ソムリエ協会公認 野菜ソムリエ(ジュニアマイスター)
ハーモニー体操 正指導員
セミナー参加履歴
クラニオ・セイクラル・セラピー、リンパドレナージュ、FI勉強会、特別な支援が必要なこどもの発達セミナーなど

趣味・キーワード

クラシックバレエ、社交ダンス、料理、羊毛フェルトアート

座右の銘

感謝、Positive Thinking、禍福は糾える縄の如し、ピンチはチャンス

かえるの従業員

古淵かえる整体院 かえるの従業員

営業部長
伊 丹 治 太 郎(いたみ なおたろう)

お目付け役
若 狭 増 代(わかさ ますよ)

かえるの従業員たちが、元気にお店のことをご案内します。

なおたろうプロフィール

某薬局をリストラされ、そのストレスで腰痛になり、古淵かえる整体院へ。
明るく人懐こい笑顔で、院長から営業マンとしてスカウトされ、古淵かえる整体院に再就職を果たした。28歳。
趣味は、走り高跳びとカラオケ(さくら~独唱~)

ますよプロフィール

25年に及ぶ長い冬眠(冷凍)で、すっかり冷え性になってしまい、むくみと冷えの改善のため、古淵かえる整体院へ。そこで、パート募集の張り紙を見て応募し、採用された。自称28歳。
趣味は、若ガエル事とカラオケ(時をかける少女)

※ぴょん吉の服を着ているのは、これも実はなおたろうです。プライベートのなおたろうです。オフはこどもっぽい表情をしています。笑

なおたろう公式グッズ 販売中

なおたろう公式グッズ

当院のかえるの従業員「なおたろう」の公式グッズが出来ました♪

スマホケースやマグカップ、シャツやトレーナー、ベビー用品など、是非、おひとついかがですか?

こちらから購入頂けます。(売り上げ金の一部は、公益財団法人難病医学研究財団を通じ、寄付されます)

なおたろうグッズ専門店

なおします義援金(難病研究支援活動)

古淵かえる整体院 社会貢献活動

当院では、かえるの従業員「治太郎(なおたろう)」と「増代(ますよ)」の名にちなんで、「なおします義援金」という義援金活動をしております。

古淵かえる整体院 難病研究支援

当院の売上金の一部を、難病の研究や難病患者支援に役立てて頂くために、「公益財団法人 難病医学研究財団」を通じ、毎月少しずつではありますが、寄付をしております。
ホームページに当院の名前が記載されております。

公益財団法人 難病医学研究財団

タイトルとURLをコピーしました