反り腰


反り腰を改善した皆さんの口コミ・体験談

相模原市・町田市を中心に、反り腰による腰痛の方が多く来られます。

反り腰を改善された皆さんの感想を大量に掲載しました。ご参考にどうぞ。

◆腰痛、反り腰
涼さん 横浜市金沢区大川 24歳男性 消防 2017/5/17

感想を読む(開く/閉じる)
反り腰を疑って、遠いところから来院。腿上げをした時や腰を反った際の腰痛などが見られました。
腿を上げる大腰筋が過緊張を起こし、腰の骨を前に引っ張り、腰を反らせていたようです。
元々、スポーツマンでしたので、施術の間隔を空けても、効果を維持しやすかったように思います。
最近、仕事の内容がデスクワークが中心になり、依然とは違う負荷があるようですが、1か月に1度程度のケアだけで健康な状態を保てることでしょうね。

◆腰痛、反り腰、産後の骨盤矯正、肘のしびれ
Mさん 町田市木曽東 32歳女性 主婦 2016/7/12

rizusan

感想を読む(開く/閉じる)
院長と同じ誕生日のMさん。(笑)
産後の腰痛での来院でした。骨盤の前傾や腰の反り等があり、長時間歩くと症状が起きやすくなっていました。
骨格は良くなったので、あとは筋疲労をしづらい体力作りを行っていけば、腰もさらに安定すると思います。

◆反り腰、仙骨のでっぱり、腰痛
ナポレオンパイさん 町田市金森 42歳女性 パート(立ち仕事) 2016/5/24

naporeonnpai

感想を読む(開く/閉じる)
仙骨が飛び出すぎて、当たるのが気になるとのことで来院。腰が反っていて、仙骨が飛び出たようになっていたということもありますが、仙骨が後方変位したまま、骨盤がロックしてしまい、仙骨の動きが悪くなってしまい、戻りづらくなっていました。
骨盤の動きが良くなるまでに少し時間は掛かりましたが、6回で終了しました。
かわいいクローバーのフェルトを付けて下さって、ありがとうございます♪

◆反り腰、腰痛、猫背矯正
貴子さん 相生 36歳女性 主婦 2016/4/14

yanagisawasan

感想を読む(開く/閉じる)
反り腰による腰痛での来院。初めていらした時は、足元から前傾姿勢になっておりました。前のめりの姿勢を戻すために、背中の筋肉が過緊張しておりました。とてもポジティブで明るい方でしたので、改善もかなり早かったですね♪
カウンセリングは・・・むしろ乗せて頂いたような気がします。。。(笑)

◆反り腰
いちごさん 横浜市青葉区すみよし台 17歳女性 学生 2016/3/17

感想を読む(開く/閉じる)
バレエのオーディションを控え、舞台での立ち姿(反り腰)の改善で来院。
矯正することで、ダンスのパフォーマンスが落ちてしまうのではないかと、心配されていましたが、反り腰を改善したところ、脚が更に高くあげられるようになり、ダンスのパフォーマンスも上がったようです。
緊張しやすく、上半身を固めてしまうクセがあるようですので、少しリラックスできるようになると、より優雅に踊れるようになると思います。応援しています!!

◆産後の骨盤矯正、腰痛、反り腰
MYさん 北里 33歳女性 会社員 2016/3/17

感想を読む(開く/閉じる)
ベビーマッサージのサークルでの紹介で来院。骨盤の歪み、恥骨のずれ、反り腰などが見られました。ただ、いずれも酷いものではなく、比較的容易に改善しました。感想にもあるように、1回で違和感は解消されたようです。良かったですね。

◆反り腰、腰痛
T.Hさん 厚木市飯山 51歳女性 会社員 2016/2/5

horitomosan

感想を読む(開く/閉じる)
色々な療法を試してもなかなか良くならない腰痛での来院。本人は「腰が反っているから、痛みが出ているのでは?」考え、反り腰に強そうということで、遠くからお越し下さいました。
腰が反っていたり、骨盤が前傾したり、腰の筋肉がずれていたり等、複合的に腰痛が起きておりました。
これらを治したところ、腰痛は改善されました。良かったですね。
【クオリアより】「施術中に電話で中断することなく」と書いて下さっておりますが、スタッフが他に居ない時などは、中断することも御座いますので、ご了承下さい。

◆産後の骨盤矯正、腰痛、反り腰、尾てい骨痛
美樹さん 町田市本町田 24歳女性 主婦 2016/1/18

ookubosan

感想を読む(開く/閉じる)
産後の尾てい骨痛での来院。仙骨がかなり後方変位しておりました。
全体的に背骨の縦のS字の弯曲が大きく、胸郭部分の猫背を変えていかないと、仙骨だけの施術では、仙骨の出っ張りが治りません。
胸郭が思いのほか、動きが悪かったのですが、何とか改善できました。それに伴って、仙骨周囲の痛みも改善。5回で終了しました。

◆反り腰、姿勢矯正
海士さん 横浜市金沢区柴町 17歳男性 高校生 2015/12/18

koidesan

感想を読む(開く/閉じる)

12369054_1226347894047214_2529988878691186956_n姿勢改善をしたいという高校生バンドマンの海士さん。検索をして、わざわざ1時間半程度掛けて、定期的に通ってくれました。
身体のシルエットや姿勢の事を仲間からも指摘されるようで、それで「反り腰」を疑ったようです。実際に腰は反っていたのですが、猫背が酷過ぎて、腰が反って見えるというのが正しいと思います。

写真を掲載しましたが、首の位置の変化は一目瞭然ですね。本人としては、おしりが気になるようでしたが、これはトレーニングで付いた筋肉なので、施術でどうこうは出来ません。

概ね良くなったので、4回で一旦終了。また、何かありましたら、いつでもどうぞ。

◆骨盤矯正、反り腰の腰痛
harbourさん 香港在住 30歳女性 主婦 2015/11/6

minatosan

感想を読む(開く/閉じる)
産後の腰痛で骨盤矯正にいらしたのですが、骨盤には異常はなく、腰の反りや股関節やすねの歪みなどがありました。香港在住とのことで、日本にいる間に改善を希望されました。(これはかなりのプレッシャーです)
1か月半という期間でしたが、施術の相性も良く、3回目で反り腰が改善され、腰の痛みは順調に良くなりました。
リンパの施術もかなり効果があり、施術直後から変化を感じるなど、続けて行けばさらに面白いことになったかもしれませんね。
また、帰国された際には、遊びにいらして下さいね。

◆仙骨の痛み、骨盤矯正、反り腰
ぺんぎんさん 町田市中町 29歳女性 事務系 2015/10/8

imagawaayasan

感想を読む(開く/閉じる)
産後の仙骨痛での来院。すねの捻じれや腰の反りが主な原因でした。
抱っこひもを途中で変えたことで、肩のインピンジメント症候群(挟み込み症候群)が起こったことがありましたが、それ以外は順調に改善しました。
仙骨痛は2回目でなくなり、予想以上に改善も早く、状態も固定されたので、3回で終了となりました。
また、何かありましたら、いつでもどうぞ。

◆産後の腰痛、反り腰
ヒロさん 町田市木曽西 34歳女性 主婦 2015/10/8

hirosan

感想を読む(開く/閉じる)
産後からお尻が大きくなって体重が増えてしまい、腰が痛いとの事で来院のヒロさん。
腰を捻ったり、反ったり、重いものを持つ時に痛みが出ていました。産後ではありましたが、特に骨盤には異常がなく、腰が反り過ぎてしまったことで、おしりが突き出たような姿勢になっていました。
彼女は改善がとても早かったのですが、それは骨の動きにとても敏感でした。一つ一つの骨の動きを感じながら、身体を使うことが出来ましたので、姿勢だけでなく、動きまで変わりました。
5回で終了となりました。良かったですね♪

◆背部痛、臀部痛、大腿痛、反り腰など
奥村圭子さん 東淵野辺 52歳女性 バレエ教室主催 指導 ダンサー 2015/9/4

okumurasan

感想を読む(開く/閉じる)

CHcDgdlUwAA06lJ日々のダンスの激しい稽古で、背中や臀部から脚にかけての痛みで来院。痛みが強くて、精神的にもかなりまいっているような表情で来られました。
写真を見て頂けるとわかりますが、施術前の姿勢はかなり前傾姿勢ですね。薬や電気治療では、この姿勢は治らないでしょう。
もともと前傾姿勢なので、腰を反るような踊りをされると、余計に背中に力が入ってしまいます。
普段から厳しいレッスンを受けていらっしゃいますので、施術をしても完全に良くなるまでには至りませんが、今まで抱えていたような「痛み」は良くなっています。
また、痛みも良くなったことで、心も変わってきたようですね。良かったですね。

 

◆反り腰による腰痛
かたつむりさん 町田市高ヶ坂 44歳女性 パート 2015/8/8
kitakatasan

感想を読む(開く/閉じる)
「反り腰」を改善したいとの事で来院。
長時間の立位や徒歩、そして起床時の腰痛など、「反り腰」に多く見られる症状を抱えていました。
初回から2回目までに2週間空いてしまい、状態が気になっておりましたが、それほど戻らず、順調に改善。
3回で概ね改善しました。良い状態を維持するために、1か月~2か月に1回程度のケアをされると良いと思います。

◆反り腰による腰痛
T.Iさん 東林間 32歳女性 占い師 2015/7/2

itatomosan

感想を読む(開く/閉じる)
反り腰による腰痛での来院。
骨盤の開きや歪み、すねの歪み、足首の不安定性、腎臓機能の低下、腰の反り(過前弯)など、腰痛に繋がる所見が数々見られました。
初回の施術で劇的に身体が変わり、このまま改善が進むと思われましたが、その後少し小康状態となりました。
この掲載日時点で、まだ施術継続中です。きっと良くなっていくと思います。

◆反り腰による腰痛
たむさん 川崎市麻生区金程 23歳女性 役者 2015/6/13

感想を読む(開く/閉じる)
音楽大学を経て、ミュージカルの女優としての道を歩む、たむさん。
1年以上続く腰の痛みの原因は、腰の反りにあるのではないかと、わざわざ遠くから足を運んで下さいました。
本人が思うほど、腰の反りは酷くはなかったので、比較的早く痛みを取ることが出来ました。
本人のお仕事柄、身体の動きのメンテなども行えば、舞台上でもしなやかに美しく振る舞えるようになりそうですね。今後、そんなところからもアプローチ出来たらと思います。

◆反り腰による腰痛
エリカさん 麻溝台 38歳女性 主婦 2015/6/13

erikasan

感想を読む(開く/閉じる)
当院に通い始めるまでは、他の施術院に3か月ほど通っていたそうです。仰向けでの腰の痛みが良くならないとのことで、本人は反り腰を疑って、当院を選んで下さいました。
本人のにらんだ通り、腰の反りが腰痛の原因でした。これを矯正したところ、通い始めてすぐに痛みは改善しました。
この感想を頂いた時点で、まだ施術を継続していますが、身体が維持できるようになって来れば、問題なくなるでしょうね。

◆反り腰
いもむしさん 相模大野 28歳女性 会社員 2015/5/25ichikisan

感想を読む(開く/閉じる)
反り腰で、夕方になると下腹部が出てきて、ベルトの位置を変えなければならないとのことで来院。
本人が感じているほど、腰の反りが強いわけではなかったのですが、施術を重ね、腰の反りが良くなるごとに、体幹の筋肉、特に腹筋のテンションも改善していきました。
これならば、食べ過ぎるということがない限り、おなかが出てくることもなさそうですね。

◆産後の腰痛、骨盤矯正、反り腰
ゆうたママさん 横浜市緑区長津田みなみ台 37歳女性 事務職 2015/5/25ookeiyuutamamasan

感想を読む(開く/閉じる)
仰向けでの腰痛、手首痛など。整骨院でずっと施術を受けていたそうですが、良くならないとのことでした。
以前、千葉市の南流山に住んでいた頃に住んでいた時に、通っていたカイロプラクティックの先生がとても素晴らしい先生だったようですね。
さすがに遠くて通えなくなったとのことで、当院へ来られました。色んな意味で、プレッシャーを感じながらの施術でした。(笑)
骨盤の開きや歪み、腰の反り等が治っていませんでしたので、この辺を施術しましたところ、早期に改善することが出来ました。
また、何かありましたら、いつでもいらして下さいね。

◆産後の腰痛、ギックリ腰、反り腰
Y.Nさん 大野台 32歳女性 主婦 2015/4/2

nariyumisan

感想を読む(開く/閉じる)
起き上がる時に鋭い痛みを感じ、動けなくなったとのことで、当院へ来院。
腰が反っていたり、股関節の捻じれ、筋肉のずれなどがありました。特に筋肉のずれがやっかいで、今回の症状は主にこれが原因でした。
3回施術を行い、3回目の施術後には痛みは良くなりました。
まだ、完全には良くなっておりませんが、ご本人の家庭の都合により、施術一時中断。また、都合を合わせて、来られるそうです。

◆産後の腰痛、姿勢矯正、反り腰など
はるひなママさん 淵野辺 30歳女性 会社員 2015/4/1

masumihosan

感想を読む(開く/閉じる)
産後の腰痛での来院のはるひなママさん。骨盤には異常はなく、腰が反り過ぎていたり、筋肉がずれていたりなどしていました。
身体のむくみが非常に強く、皮膚や筋肉のハリ感が極めて弱い状態でしたので、姿勢を維持させることが難しかったのですが、根気強く施術をしたところ、5回で終了となりました。
育児に追われているようでしたので、赤ちゃんを抱っこしながら出来る体操などをアドバイスした所、改善が早まったように思います。
カイロの施術が終わってからは、むくみの改善にリンパドレナージュを受けられています。

◆産後の腰痛、反り腰、股関節痛、下半身のだるさ、肩こり
ゆきんこさん 大野台 31歳女性 主婦 2015/1/1

komayukinko

感想を読む(開く/閉じる)
産後の腰痛、股関節痛で来院のゆきんこさん。当院との施術相性が良かったのか、普段はあまり長続きしないそうですが、間隔が空きながらもしっかりと主体的に来られました。時には1ヶ月ほど空いてしまうことがありましたが、順調に改善しました。
産後でしたが、骨盤には異常はなく、股関節の歪みや腰の反りが症状の主な原因でした。やや全体的にリンパの流れが良くないですので、身体が疲れやすいかもしれませんね。骨格的には問題ないのですが、少し身体を使うと筋肉疲労を起こしやすいと思いますので、定期的なメンテナンスを行うと快適に過ごせるようになると思います。

◆腰痛、反り腰
英史さん 町田市小山田町 36歳男性 営業販売 2015/1/1

shikatanisan

感想を読む(開く/閉じる)
奥様に連れられて身体のチェックに来られました。立ち仕事がメインで、腰に負担が掛かるそうです。
いわゆる反り腰(腰椎過前弯)でした。それを改善したところ、姿勢がかなり変わりましたので、驚かれていました。
1回施術をしただけなのですが、感想まで頂き、ありがとうございます。
また、いつでもメンテナンスにいらして下さいね。


反り腰改善ビフォーアフター

ここに掲載されている反り腰改善の写真は、当院で施術を受けられた方々の姿勢の変化です。
最初の1枚を除いた全ての写真が、たった1回の施術での変化です。

ウソのような変化をする写真もありますが、これらは実際の変化なのです。
(※ 姿勢の変化には個人差があります)

反り腰改善ギャラリー

反り腰前傾しての反り腰の改善写真です。

反り腰1回の施術でここまで変化しました。

反り腰この写真の変化はウソじゃないですよ。

反り腰身体が前傾してることに気付かない方は多いです。

反り腰この方もかなり前傾気味ですね。

側弯症身体が左に傾いている女性の1回での変化です。

反り腰前傾している方は、背中側の筋が緊張しています。

猫背施術後、立ち位置が変わってますが、凄い変化ですね。

極端な猫背胸郭が過度に後傾していて、腰が反っているように見えます。

特発性側弯症特発性側弯症で、右の腰が反っています。

反り腰上半身だけが前に倒れていますね。

反り腰ややギックリ腰です。この方も反り腰。

反り腰股関節が前に出ている反り腰。

反り腰純粋な反り腰の方です。

反り腰お腹の変化に注目!

反り腰お腹がすっきり見えますか?

反り腰今にも前に倒れそうな姿勢ですが、良くなりました。

反り腰前傾している方は、足裏の横アーチにタコが出来やすいですね。

反り腰施術後はお腹が凹みましたね。

反り腰この方も一回の施術での変化です。

反り腰腰が反って、おなかを突き出している反り腰。

反り腰股関節を突き出すような反り腰。

反り腰かなりの前のめりな姿勢ですね。

反り腰多くの方は反り腰改善で背が伸びます。

反り腰本当に前傾している方が多いですね。

反り腰おしりの凹み方に注目。

反り腰背中が丸くて、腰が反って見えます。

反り腰胸の位置が上がってきますね。

反り腰バレエで腰が反ってしまいました。

反り腰背が伸びてきましたね。

反り腰かなり腰が反っていますが、改善しました。

反り腰前傾姿勢が施術後は良くなりました。

反り腰背が伸びてますね。

反り腰反っている部分が真っ直ぐになると背が伸びますね。

反り腰背中が丸まって、腰が反っているように見える例。

特発性側弯症特発性側弯症で腰が反っている例。(わかりづらい?)

反り腰身体が前傾しているので、腰の反りが強いですね。

反り腰お腹周りの前後径の変化、わかりますか?

反り腰少し前傾していましたが、戻ってきました。

反り腰この方も一回での変化です。

反り腰 サポーター コルセット

当院がおすすめする反り腰改善をサポートするコルセットを通信販売しております。

身体の大きさに合わせて、ベルト幅も調整されているので、ほとんどの方の身体に最適にフィット!!(特許取得)

治療院でのみ販売されているベルトです。(Amazonでは販売されておりません)

遠方から当院へ通えない方は、これでうまく保護しましょう。

 

反り腰のためのウィリアム体操とコルセットの巻き方

反り腰のセルフケアで代表的な「ウィリアム体操」をご紹介します。

当院で施術を受けられた方には、ここにご紹介した体操だけではなく、身体の状態に合わせたセルフケアを指導しております。

是非、お気軽に施術にいらしてください。

反り腰の簡単なセルフケア(ウィリアム体操・エクササイズ)

【注意】「反り腰」の方の中には、腰が反っているように見えて、実は腰が丸まっている(屈曲している)ような方や、ヘルニアを併発させている方が居ます。そのような方は、この体操を行うと症状を悪化させます。ですから、必ず、専門家の指導の下に行うようにしましょう。体操は、自己責任でお願いします。

DSC_2399

この体操を行う前に、まず仰向けになって、自分のどこの部分が床から浮いているのかを確認しましょう。

※写真は、専用のコルセットを巻きながら行っています。コルセットで補助してあげると、腹圧が掛かるために、より効果が上がるかもしれません。
専用のコルセットは、こちらからもお求めいただけます。

 

DSC_2401

両膝を抱え込みます。両手は組んでも組まなくても構いません。

膝を抱えられない方は、膝の裏でも結構です。

 

DSC_2402

すねは天井方向に力を入れますが、両手はその力に抵抗して下さい。

「1・2・3」で力を入れて、その後、「1・2・3」で力を抜きます。
これを20回を1セットにして、朝・昼・晩やると良いでしょう。

力を入れた時(押し合いっこ時)に、先程まで浮いていた腰の辺りが、床に押し付けられる感じがあれば、うまく出来ていると思います。

 

【反り腰のセルフケアの注意点】
◎ 最大1日6セット(120回)まで!!(※やり過ぎはヘルニアになる危険があります)

腰痛コルセットの巻き方・着け方

【腰痛コルセットはこういったものを選びましょう】

● 強力に固定できるもの(二重巻きがベスト)
● 力を入れずに、巻きやすい
● 長いこと使ってもよれにくい
● 固定箇所がずれにくいもの

 

カイロプラクティックオフィスである当店がおススメするコルセットは、こちらです。これから購入をお考えの方も、そうでない方も、是非参考にして下さい。

1:仮止めをします

 

固定する位置は、ウエスト(腰のくびれ)となります。
コルセットの帯を大きく外側から巻きつけて、腰全体を固定するのが、正しいコルセットの巻き方です。

 

写真では、外側のストラップも固定されていますが、この後にしっかり固定していきます。

 

2:外側のストラップで更に固定

外側のストラップを大きく外に引っ張ります。

 

【ワンポイント】脇腹から腰全体を固定していくという意識で、巻きましょう。

 

3:巻けました

 

%e8%85%b0%e7%97%9b%e3%82%b3%e3%83%ab%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88%e8%a1%a8%e7%b4%99

当院がおすすめする反り腰改善をサポートするコルセットを通信販売しております。

身体の大きさに合わせて、ベルト幅も調整されているので、ほとんどの方の身体に最適にフィット!!(特許取得)

治療院でのみ販売されているベルトです。(Amazonでは販売されておりません)

遠方から当院へ通えない方は、これでうまく保護しましょう。

 


反り腰の原因と姿勢のパターン

反り腰の原因やパターンを知ることで、改善へのイメージを作りましょう。

「反り腰」も、原因や姿勢のパターンによって、対処法が変わってきます。
適切なケアをされることが改善への早道です。

反り腰の施術は、是非当院にお任せ下さい。

本当にわたしは反り腰?実際に感じてみましょう!

その1 「仰向けの場合」

DSC_1946

● 腰が床から浮いている

 

DSC_1947

● 腰の下に手が貫通する(重度の反り過ぎ)

 

DSC_1948

中には、膝を立てないと仰向けでは居られないという方がいらっしゃいます。(そういう方の場合、横向けで腰を丸めて寝るのが楽ということが多いです。)

また、朝方に痛みが出たり、寝返りを打つのが痛いという方が多いのも特徴的です。

 

その2 「座った場合(鑑別が少し難しいです)」

DSC_1952

【腰が丸くなっている】
● 立っている時は「反り腰」でも、座ると背中が丸い。
● この場合は、反り腰の回避姿勢であって、実際には腰が丸まっているわけではありません。

 

DSC_1953

【腰が反っている】
● 立っても、座っても「反り腰」。これは、本当に「反り腰」である場合がほとんどだと思います。(※例外の方も居ます)

 

その3 「立っている場合」

sori10ハイヒールを良く履く方は、爪先立ちのような状態が続くことになります。

この姿勢でいると、腰が反ってきて、前重心になってくるのがわかります。

 

ashiura

色のついた部分に「タコ」が出来やすい方は、重心が前になっています(身体が前のめりになっている)。

こういう方は、腰を反らせることで、前後のバランスを取ろうとします。
腰が反れずに、上背部で反っているような方もいらっしゃいますね。

 

正常な方の場合・・・

DSC_1949腰の縦の湾曲が小さいので、反り腰の場合に比べ、腰の床への密着度が違います。

重力に従い、腰が下りてきます。

 

DSC_1954椅子に座っても、適度な前弯を保っています。これならば、腰への負担も少ないことでしょう。

 

主な「反り腰」の原因とは?

※ 多くの場合、原因が複合的に起こります。

soridaiyoukin

【大腰筋の過緊張】
腰の背骨(腰椎)の前面から、内ももにかけて付着している「大腰筋」が、過緊張を起こすことで、腰を反らせてしまう。

※ 特に、長時間座った姿勢でいるデスクワークをされる方やドライバーの方は、この「大腰筋」が常に緊張した状態が続きます。
背骨の前側の「大腰筋」が過緊張を起こすと、背骨の後ろ側の「背筋群」の過緊張も起こる可能性が高くなります。

sorihaikin

【背筋の過緊張】
腰の背骨(腰椎)の背中側の筋肉が、過緊張を起こすことで、腰を反らせてしまう。

※ 長時間立っていたり、歩いたり、走ったりしている方は、「背筋」が緊張した状態が続きます。
背筋が緊張している方は、腰を丸めると、背筋のストレッチ感が出ますので、楽になる方が多いです。しかし、背筋が過度に緊張している方ですと、腰を丸めても、背筋がストレッチされずに、痛みが出ることがあります。

sorifukkin

【腹筋の弱化】
腹筋が弱くなると、腹腔内の内臓が前にせり出してしまい、腰が反ってしまう。お腹を手術をした方には、顕著です。

※ 妊娠出産などをされた方や、おなかの手術をされた方は、顕著に「腹筋」が弱化します。
また、生殖器系が弱い方や、食べ過ぎの方下痢をされてる方は、下腹部の腹筋が弱化し、内臓下垂する傾向があります。
腹筋の強化は、すぐには出来ませんので、内臓を持ち上げる施術や腹筋を鍛えていくことが必要になります。

sorizenkei2

【前傾姿勢】
身体が前のめりになりますので(重心が前に移動する)、前後のバランスを取るために、腰を反らせている。

※ 特に、ハイヒールを履くことが多い方(履いていた方)、ハの字座りペタンコ座りをされる方、よくつまづく方などは、これを疑います。
足首や股関節などに原因があるので、足の矯正が必要になります。

あなたはどのタイプの「反り腰」?

※ いくつかのタイプが複合的に起こることもあります。

soritaipu

【通常の反り腰タイプ】

ぽっこりおなか・出っ尻(でっちり)になります。
腰だけが過前弯しています。
酷い方になると、突然おなかを下すなどが見られることがあるようです。

 

sorizenkei

【前傾タイプ】

つま先立ちのような姿勢で、前に身体が倒れているのを、腰を反ることで、前後のバランスを取っています。
ハイヒールを履く女性に多く見られます。O脚にもなりやすい姿勢です。

 


sorikokansetu

【股関節前方タイプ】

恥骨を前に突き出しているので、腰に問題はなくても、腰が反っているように見えます。
(※同時に腰も反っている複合的なケースもあります)

 

sorikouhou

【胸郭後方タイプ】

猫背が酷くなっている(過後弯している)ので、腰に問題はなくても、腰が反っているように見えます。
(※同時に腰も反っている複合的なケースもあります)

反り腰(腰椎過前弯)による腰痛の改善例

ookisansorikoshi (1)

【反り腰タイプの改善例】
腰椎すべり症による「反り腰」で、手術を勧められたそうですが、長時間の立ち仕事をしても、腰痛はなくなり、快適に過ごされています。(ただし、彼女の場合は、反り腰がかなり強いですので、ある程度定期的なケアを行った方が、良いと思います。)

isan

【前傾タイプの改善例】
産後の大きなおなかで腰が反ったケース。股関節が前にせり出し、極端に前傾姿勢になっていましたが、その改善とともに反り腰も改善しました。

shimizusan

【複合タイプ(反り腰+前傾)の改善例】
腰が反り過ぎて、施術前(左)は腰が見えない状態ですが、回を追うごとに改善してきたのがわかります。

soripokkori【反り腰タイプの改善例】
腰が反って、「ぽっこりおなか」になっていますが、1回の施術で見た目が変わりましたね。

>反り腰改善ビフォーアフター


反り腰とO脚の関係

「反り腰」と「O脚」には関連があります。

多くの女性の悩みである「O脚」。男女で骨盤の形が異なり、赤ちゃんの受け皿となる骨盤が広いので、女性の方が、O脚になりやすいとも言えます。

しかし、それ以外にも、女性の方が「O脚」になりやすい理由があります。

こんなところにタコができていませんか?

ashiura

足の裏のこの色のついた部分(横アーチ)に「タコ」が出来ていませんか?
足の指が反って浮いていませんか?

ここにタコができている方や、足の指が反って浮いている方は、姿勢がやや前のめり気味。つまり、重心が前になっています。

こういう方は、腰を反らせることで、前後のバランスを取ろうとします。腰が反れずに、上背部で反っているような方もいらっしゃいますね。

つまり、「反り腰」になりやすいのです。

ハイヒールをはいている方は要注意
haihiiru

ハイヒールを良く履く方は、少し、自分の足の裏や足の指を見て下さい。

いかがですか?

「タコ」ができたり、足の指が反って浮いていませんか?

 

この写真を見てもお分かりだと思いますが、本来、身体を足の裏全体で支えるべきところを、足の指だけ(横アーチ)で支えています。

sori10

ハイヒールを良く履く方は、靴を履いている間は、常に「爪先立ち」になっています。

爪先立ちになると、必ず身体が前のめりになって、腰が反ってくるのがわかると思います。

その状態が続くと、ハイヒールを履いていなくても、身体が前のめりのままになってしまいます。

 

当院では、初めていらした方の姿勢の写真を撮るのですが、多くの場合、本人は前のめりになっていることに気付いていません。

では、前のめりの姿勢と、O脚には、どんな関係があるのでしょうか?

爪先立ちになるとO脚になる

%e9%80%9a%e5%b8%b8それでは、自分の身体で、実際に試してみましょう!

かかとを揃えて、膝を出来るだけくっつけて下さい。(爪先は、20度位開く位でOK。90度開かない!)

その状態から、つま先立ちになってみましょう!!

 

↓ ↓ ↓

 

%e3%81%a4%e3%81%be%e5%85%88%e7%ab%8b%e3%81%a1いかがですか???

爪先立ちになると、膝が離れて来ませんか?
さらに、腰が反ってくるのがわかりませんか?

脚を細く見せるために履いている、かかとの高い靴が、あなたの嫌がる「O脚」の原因になるのです。

 

がに股=O脚ではありません!

皆さん、O脚というと、膝がくっつかないから、股関節やすねを内側にねじれば、O脚が治るような気がしますよね?
実は、ここが多くの人が間違えている落とし穴なのです!!

股関節やすねを外にねじると???

%e8%82%a1%e9%96%a2%e7%af%80%e5%a4%96%e6%97%8bかかとをくっつけたまま、つま先を開けるだけ開いてみて下さい。

この動きは、股関節を外側にねじる動き、つまり、がに股にさせる動きですね。

すると、いかがですか???

 

膝の隙間がより近づいてきます。
膝はくっつけやすいですよね?

つまり、がに股はO脚ではないのです!!

がに股で「O脚」に見えるというのは、実は、膝が曲がって伸びない方なのです。

股関節やすねを内側にねじると???

%e5%86%85%e8%82%a1では、今度は、親指をくっつけたまま、かかとを外に広げて、内股にしてみましょう。

今度は、いかがですか???

 

明らかに膝が開いてきます。
さらに膝の裏が反ってきますよね?

そうです。多くのO脚は、内股なのです。
つまり、股関節やすねを外側に開くようにしないと、O脚は良くならないのです。

自分で、O脚を治そうとして、脚を内側にねじったりするうちに、逆に悪化してしまうという方、本当に多いんです。
骨自体が変形して、治らなくなっている人も数多く見ました。気をつけましょう。

こんな座り方が「O脚」や「反り腰」になる

%ef%bd%8f%e8%84%9a%e3%83%8f%e3%81%ae%e5%ad%971.ハの字座り
無意識にこういう風に座っている女性が多いです。
つま先を垂らすとさらに悪化します。

%ef%bd%8f%e8%84%9a%e3%83%9a%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%81%932.ぺたんこ座り
この座り方であれば、まだあぐらの方が良いかも知れません。
膝に問題がなければ、正座の方が良いですね。

%ef%bd%8f%e8%84%9a%e3%81%8a%e5%a7%89%e3%81%95%e3%82%93%e5%ba%a7%e3%82%8a3.お姉さん座り(横座り)
骨盤や背骨に歪みが多くなる座り方ですね。

治るO脚と治らないO脚

O脚には、「先天性(生まれつき)のO脚」「後天性(生まれつきでない)のO脚」があります。

生まれつきのO脚は、なかなか良くなりませんが、生まれつきでないO脚の場合、主に生活習慣が原因になっている可能性が高いですので、改善できる可能性が高くなります。(もちろん、個人差や改善の限界もありますが)

では、自分が「治るO脚か?治らないO脚か?」の調べ方をお教えします!

治るO脚と治らないO脚の見分け方

まずは、仰向けで寝てみましょう。(重力の影響を排除するため)
そして、かかとをくっつけた上で、膝は伸ばしたまま、出来るだけ膝をくっつけようとして下さい。

o%e8%84%9a%e5%85%88%e5%a4%a9%e6%80%a7生まれつきのO脚の場合・・・

どんなに頑張っても、膝がくっつきません!!
指が3本入るようなら、生まれつきのO脚と判断しても良いと思います。

この場合、元々の骨格の問題なので、完全には良くなることはないと思います。

 

o%e8%84%9a%e5%be%8c%e5%a4%a9%e6%80%a7生まれつきではないO脚の場合・・・

今度は、膝がくっつきましたね!!
指1~2本分の隙間であれば、何とかなるかも知れませんね。

こういった方の場合は、座り方を変える、ハイヒールを控えるなど、生活習慣を変えて行けば、良くなっていく可能性が高いです。

 

逆に言えば、ハイヒールをやめられない(仕事で使う)というような方は、なかなか良くならないと言えます。

ですので、当院からのアドバイスは、守るようにしましょう。

O脚の施術イメージ

%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%ad%e7%89%bd%e5%bc%95%e8%82%a1%e9%96%a2%e7%af%801.股関節の矯正
股関節の緊張を緩和し、ニュートラルな状態に戻しています。

%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%ad%e7%89%bd%e5%bc%95%e8%86%9d2.膝関節と下腿の矯正
すねの捻じれや膝の関節を優しく矯正しています。


%e8%86%9d%e3%83%bb%e8%82%a1%e9%96%a2%e7%af%803.足首・膝・股関節の動きの調整
足首~膝~股関節の動きをうまく連動出来るようにします。

%e9%aa%a8%e7%9b%a4%e7%9f%af%e6%ad%a3%ef%bc%914.腰や骨盤の矯正
多くのO脚の方は、反り腰ですので、それを矯正をします。

O脚に効果がある「かかと上げ体操」

O脚への施術を受けた上で、この体操を行うと、より効果が維持出来るようになります。
この体操のキーワードは、「極めてゆっく~り」「やさしく」「がんばらない」「なめらかに動かす」です。

まず初めに、椅子に「浅く」座ります。
手は、太ももの上に軽く置きましょう。(写真では手を乗せてません)

体操の前に、足首や膝、股関節の動きや足の裏の床への付きかたなどを確認して下さい。

まずは、右足から始めましょう。(片足ずつやって下さい!

%e3%81%8b%e3%81%8b%e3%81%a8%e4%b8%8a%e3%81%92%ef%bc%911.かかとの上げ下げ
右足のかかとを出来る限りゆっく~り上げて、ゆっく~り降ろします。(5回)
力は出来るだけ使わず、ラクに楽に♪

%e3%81%8b%e3%81%8b%e3%81%a8%e4%b8%8a%e3%81%92%ef%bc%922.つま先の上げ下げ
右足のつま先をゆっく~り上げて、ゆっく~り降ろします。(5回)


%e3%81%8b%e3%81%8b%e3%81%a8%e4%b8%8a%e3%81%92%ef%bc%943.親指側の上げ下げ
右足の外側を床につけたまま、ゆっく~り内側を浮かせて、足裏を内側に見せます。そして、降ろします。(5回)

%e3%81%8b%e3%81%8b%e3%81%a8%e4%b8%8a%e3%81%92%ef%bc%934.小指側を上げ下げ
右足の内側を床につけたまま、右足の外側を浮かせて、足裏を外側に向けます。そして、降ろします。(5回)
内側を浮かせた時と比べ、動かしづらいかも知れませんね。

5.1と2を交互に行う
右足のかかとを上げて、降ろしたら、つま先を上げて、降ろす。(5回)
これも、極めてゆっくりやさしく行います。

さぁ、右足と左足の動きなどを比べてみましょう!!いかがですか???

右の方が動かしやすいですか?膝や股関節はいかがですか?
足の裏の付き方はいかがですか?

違いを味わいましたら、今度は、左足も同じように行いましょう!!


反り腰の治し方・施術の流れ(施術イメージ)

仰向けで腰が浮いている、そんな「反り腰」は当院にお任せ下さい。

「背中を押す」という施術が一般的には多いのですが、そういう施術では、反り腰は悪化します。

当院で行う施術は、ソフトタッチなのに、背中が床に吸い込まれる感覚が得られるのはなぜか?

当院独自の施術が、反り腰を改善に導きます。

反り腰(腰椎過前弯)の施術イメージ

骨盤周りから反り腰を改善1.骨盤を調整します
骨盤を介して、腰周囲をゆっくり動かしながら、周囲の筋肉の緊張を和らげます。

反り腰治療は、極めてソフトに行います。2.背骨の調整をします
身体が左右にうまくひねれる様に、何をされているのかわからない位の力で、背骨の動きを誘導していきます。背骨の動きが大きすぎる方は、痛みが伴うこともあります。


相模原市・町田市の反り腰改善ならカイロ整体院 クオリア3.さらに背骨の調整をします
今度は、身体を曲げたり、反ったりしやすくなるように、背骨の動きを誘導していきます。

反り腰治療施術4.股関節から背骨を動かします
股関節を介し、背骨がうまく連動するように、動きを誘導していきます。股関節周囲の筋肉の調整も兼ねています。


大腰筋への施術5.大腰筋へのアプローチをします
座っている時間が長い、立っている時間が長いなど、同じ姿勢のまま動くことが少ない方は、大腰筋が緊張しがちです。それを緩めていきます。

反り腰改善施術6.仙骨を調整します
仙骨を介し、反り腰を調整していきます。この辺は当院独自のやり方だと思います。

腰だけに行う施術イメージを掲載しましたが、実際にはこれ以外にも頭から足先まで、数多くの施術を行っていきます。(それらもやらないと効果は引き出されません)

施術が終わった後は、腰や背中が床にベッタリと付くように感じることでしょう。仰向けで寝た時の腰の感覚の違いを味わって下さい!!

腰のマッサージが、反り腰を悪化させる理由

aaa写真はうつ伏せになっている状態です。うつ伏せになると、重力の関係で腰はさらに反って来ます。
これを上から押したりすれば、どうなるか・・・落ちついて考えれば、わかりますよね?

 

腰が痛いからと、上からマッサージをすれば、一時的には確かに腰の筋肉はほぐれたような気がするので、楽になったと思うでしょうが、これはかゆい場所をかいたら楽になるのと同じで、痛みを感じる痛覚が、一時的に遮断されたからなのです。

もともと、反っている腰を上から押したりすれば、当然ながら、さらに腰は反ってしまいます。

一時的には楽になったように感じても、その後悪化してくるのは、賢明な貴方ならご理解頂けるかと思います。反り腰の方に腰のマッサージはダメなのです。


反り腰診断1分チェックシート(腰椎過前弯・ぽっこりおなか・浮き腰)

なかなか良くならない腰痛、それは「反り腰」(浮き腰)かも知れません。

「ぽっこりおなか」や「腰が反り過ぎて痛い」など、是非、当院にいらして下さい。
ジストニア等の特殊な場合を除き、手術が必要とされたケースでも、改善している方もおります。

まずは、チェックシートから始めましょう!

クオリアで反り腰矯正を受けるべき3つの理由

1. 90%の人がその場で効果を実感!

当院で施術を受けた90%の方が、その場で反り腰改善を実感!

立った姿勢が違う、仰向けで寝たときに腰がベッドにくっつくような感覚、味わって下さい!

 

2. 反り腰のアフターケアが充実!

頻繁に通うことの出来ない遠くから通われる方のために、自宅でできるセルフケアを惜しみなく教えます!

30分程度で施術をしているような施術院では、自宅でできるケアを教える時間はありません。

 

他の施術院に通っていた方は、アフターケアの充実に、きっと驚かれるでしょう!

3. 反っている腰を押しません!

aaaaaa

なかなか良くならない腰痛、実は腰が反っていたからかも知れません。

そういう方は、この写真のように腰を後ろからマッサージしても、腰が余計に反るばかりで、逆に腰を痛めてしまいます。

 

反っている腰の筋肉の興奮を抑えるためには、筋肉の反射を利用するなど、特殊なアプローチが必要になります。

反り腰やそれに伴う腰痛は、是非、当院にお任せ下さい!!

まずは、反り腰(腰椎過前弯)チェックシートから!!

【こんなことはありませんか?】
☑ 「ぽっこりおなか」をしている
☑ 腰を反るのが辛い
☑ 身体を前に曲げると、腰がつっぱる感じがする
☑ 横向けで丸まって寝るのが楽だ(横向け寝が多い)
☑ 仰向けで腰が痛い
☑ 膝を立てないと仰向けが辛い
☑ うつ伏せになるのが辛い
☑ 尾てい骨が当たる感じがする(おしりを突き出している「出っ尻」)
☑ 寝返りが辛い
☑ 脚の付け根(股関節)が痛い、違和感がある
☑ 朝起きる時に腰の痛みがある
☑ ハイヒールを履くことが多い
☑ 外反母趾である
☑ 内股である、O脚である
☑ つまづくことが多い
☑ 立っている時間が長いと腰が痛くなる
☑ バレーボール、バスケ、ゴルフ、ヨガ、バレエをよくやっていた
☑ 何の前触れもなく、おなかを下すことがある

sorisori

いくつ当てはまりましたか?

 

 
1~2つ: 「反り腰」の可能性 50%~75%
3つ以上: 「反り腰」の可能性 ほぼ100%

反り腰は、「ぽっこりおなか」「体重増加」、そして何よりも「腰痛」の原因です。
スタイルが気になる方も、腰痛が気になる方も、早めの集中ケアで、「反り腰」を改善しましょう!!

反り腰(腰椎過前弯)を自分で調べてみましょう

立位・座位・臥位で調べてみましょう

DSC_1947

「反り腰」には、上記のチェックシートのような具体的な症状が出ている方や、症状が出ていないような方もいます。

立っている姿勢や寝ている姿勢で、ある程度は反り腰を判定できると思います。

 

> 反り腰姿勢チェック

反り腰のパターンを知ることが改善への第一歩

sorizenkei

また、反り腰にはいくつかのパターンがあります。

自分はどのタイプの反り腰かを知っておけば、歩き方や座り方など、自分にとって注意しなければならないことが見えてくると思います。

 

> 反り腰のパターン

反り腰の原因を知りましょう

soridaiyoukin

反り腰には、大腰筋の過緊張や骨盤の前傾などの様々な原因があります。

原因に対して、的確な施術を行うことが、反り腰の改善を早めます。

 

> 反り腰の原因

反り腰とO脚の関係

O脚で悩む女性は、多くいらっしゃいます。

「O脚=がに股」と思っている方が多く、自分で内股にしようとして、逆にO脚を悪化させているというケースが見受けられます。

実際には、内股だからO脚になっているのがほとんどです。

 

なぜここで、O脚を取り上げたかと言うと、反り腰の方は、内股であることが多いのです。
ということは、O脚を治していくには、腰を矯正しなければならないかも知れませんね。

ここでは、良くなるO脚、良くならないO脚、そして、メカニズムなどをご説明します。

> 反り腰とO脚

反り腰(腰椎過前弯)による腰痛の改善例

ookisansorikoshi (1)

【反り腰タイプの改善例】
腰椎すべり症による「反り腰」で、手術を勧められたそうですが、長時間の立ち仕事をしても、腰痛はなくなり、快適に過ごされています。(ただし、彼女の場合は、反り腰がかなり強いですので、ある程度定期的なケアを行った方が、良いと思います。)

isan

【前傾タイプの改善例】
産後の大きなおなかで腰が反ったケース。股関節が前にせり出し、極端に前傾姿勢になっていましたが、その改善とともに反り腰も改善しました。

shimizusan

【複合タイプ(反り腰+前傾)の改善例】
腰が反り過ぎて、施術前(左)は腰が見えない状態ですが、回を追うごとに改善してきたのがわかります。

soripokkori【反り腰タイプの改善例】
腰が反って、「ぽっこりおなか」になっていますが、1回の施術で見た目が変わりましたね。

> 反り腰改善ビフォーアフター

反り腰(腰椎過前弯)の施術イメージ

koshi2

当院の施術を受けた方は、仰向けになった時に、背中がベッドに吸い込まれるような、べったりと密着している面が増えるという方が多く見られます。

背中がくっついてくることで、背中の筋肉が無意識に緊張していたことに、初めて気付くことでしょう。

他で施術を受けた事のある方であれば、こういう背中の感覚は、初めてかも知れませんね。(※内部感覚の鈍い方も居ますので、感じ方には個人差があります)

 

> 反り腰の治療法

反り腰改善された方々の体験談

いちごさん 横浜市青葉区すみよし台 17歳女性 学生

感想を読む(開く/閉じる)

harbourさん 香港在住 30歳女性 主婦

minatosan

感想を読む(開く/閉じる)

海士さん 横浜市金沢区柴町 17歳男性 高校生

koidesan

感想を読む(開く/閉じる)

12369054_1226347894047214_2529988878691186956_n

奥村圭子さん 東淵野辺 52歳女性 バレエ教室主催 指導 ダンサー

okumurasan

感想を読む(開く/閉じる)

CHcDgdlUwAA06lJ奥村さんの施術前と施術後の写真です。前のめりの身体が変わりましたね。(ちなみにこれは1回での変化でした)

 

> 反り腰改善体験談

反り腰のウィリアム体操やコルセットの巻き方

DSC_2401

反り腰のセルフケアで一般的に行われている「ウィリアム体操」をご紹介します。

実際には身体の歪み方は、一様ではありません。どの体操にも言えることですが、どの人にも万能な体操はありません。

行う際の注意点などをよく読んでから行うようにして下さい。

 

> ウィリアム体操

DSC_2402

腹筋が著しく弱く、反り腰になっている方などは、一時的にコルセットを使う必要があるかも知れません。

コルセットの効果的な巻き方もご紹介します。

 

> コルセットの巻き方

 反り腰(腰椎過前弯、腰椎椎間関節症)による腰痛

反り腰(腰椎過前弯、腰椎椎間関節症)とは?

画像は、背骨を後ろ側から見た図です。

赤い矢印()の部分が、椎間関節と呼ばれる部分で、身体を反る動きなどをして頂くとわかると思いますが、その関節部分で上の骨と下の骨がこすれ合うようになっています。

腰を反ることが多かったり、また、長時間立っている、大きい歩幅で長時間歩いていたなど、少なからず腰を反らすような動作をしていた場合、この椎間関節の部分で炎症を起こし、腰痛になることがあります。

 

【悪化の経緯】
椎間関節が炎症 → 腰痛 → 炎症の慢性化 → 関節の癒着 → 動きが悪くなる

これが反り腰(腰椎過前弯、腰椎椎間関節症)の痛みのメカニズムです。
(※ 腰椎椎間関節症は、必ずしも「反り腰」というわけではありません。腰が前屈している方にも見られます。)

変形性腰椎症による腰痛

変形性腰椎症とは?

henkeiyoutsui

画像は、変形した腰椎の図です。

腰椎が変形する原因は、避けられないのですが、主に加齢です。50代以降に多く見られます。

 

【悪化の経緯】
椎間板のクッション機能が落ちる → 上下の骨が当たりやすくなる → 骨のすり減りや、骨の異常増殖といった骨の変形が起こる → 関節での炎症が増える → 腰痛になる

というのが、腰椎が変形したことによる腰痛です。

こういった変形が起こりますと、脊柱管狭窄症や腰椎すべり症の発症確率が大幅に上がります。狭窄症とすべり症が加齢とともに増えるというのは、この腰の骨の変形と無関係ではないことを意味しています。

どのように変形性腰椎症に対応するのか?

taisou2

変形した骨を施術で良くすることは、当然ながら出来ません。

骨が変形して、少しずつ身体そのものが変わっていくのであれば、自分の身体の使い方も少しずつ変えていかなければ、身体を痛めやすくなります。

 

つまり、身体の構造を変える必要も多少はありますが、それよりも自分の身体の動きを、自分の身体の変化に合わせて変えていくということが重要になります。

当院には、身体の動きを変えるためのノウハウがあります。是非、当院の施術と究極のセルフケア、体験して下さい。

強直性脊椎炎(自己免疫性疾患)による腰痛

※ 強直性脊椎炎は、反り腰と症状は似ていますが、腰が反っているわけではありません。

強直性脊椎炎とは?

kyouchokusei

画像は、強直性脊椎炎(AS)の骨の様子です。

これは、難病指定にもされている疾患です。骨盤から背骨へと炎症が起こり、その後、骨の癒着が進み、全身のこわばりが出てくる疾患です。
背骨が1本の棒のようになってしまい、柔軟性がなくなってきます。

 

リウマチなどの自己免疫性疾患で、原因は良くわかっていません。
自分自身の免疫が、自分の身体を攻撃してしまう病気です。つまり、炎症が起こっているのです。

クローン病(潰瘍性大腸炎)などの自己免疫性疾患などを併発していることも多く見られます。これも炎症ですよね。

強直性脊椎炎の姿勢と改善例

naokisan

この写真は、大学病院で「もう治らない」と宣告された男性のケースです。

朝方の腰痛が酷く、走ることも出来ない、周りからは老人みたいに腰を丸めて歩いていると指摘されるほどでした。確かに、かなり腰を丸めて歩いていたのが印象的でした。

左端が初めての来院時での施術前です。腰が前に少し折れ曲がっている姿勢になっています。腰が丸まっていて、腰が反れなくなっていました。
背骨を触診すると、腰の骨がほとんど癒着しており、一本の棒ようになっています。
ですから、前屈みになるのもしんどいようです。スポーツもすることが出来なくなったそうです。

腰の骨には、わずかな可動域しかありません。背骨がうまく連動して動いていないので、当院の施術では、背骨の動きを再教育することをメインに、施術を行いました。
この写真の男性は、筋トレやスポーツが出来るまでに回復しました。(10回程度で改善)

koshi4

施術は、本人の様子を見ながら、ゆっくりとソフトに行います。(イメージ)

脚を伸展させるにも、腕を上に挙げるにも、背骨が反る動きが必要になりますが、それがうまく出来ていません。一つ一つの動作をしやすくなるように、施術では誘導していきます。胸郭も矯正したりと、施術は全身行います。

 

一度の施術で劇的に施術効果があがる類の症状ではないのですが、毎回少しずつ変わる姿勢に、希望を膨らませながらの施術でした。

強直性脊椎炎の場合、病院での適切なケアや、日々のエクササイズや定期的なケアが必要だと思います。根本的な解決が望めない以上、うまく付き合っていくしかありません。

当院では、自宅で簡単にできるセルフケアの指導があります。それらをうまく生活の中に取り入れながら、ケアを受けられますと、快適に過ごすことが出来る様になると思います。
是非、当院の施術をお試しください。