肩こり・首こり・頭痛・眼精疲労


相模原市・町田市で頭痛や吐き気を催すような肩こりや首こり、眼精疲労にお悩みの方はクオリアへ。

原因別 肩こり・首こり施術例

※ 実際にはマスクをして、施術をしています

1. 不良姿勢(猫背)による肩こり・首こり

desk

パソコンなどの長時間のデスクワークや長時間の車の運転など、同じ姿勢のまま仕事をしていることが多いと思います。

最近では、スマホを使いすぎる「スマホ首」というのもありますね。とくにノートパソコンなどは、視線がどうしても下がりますから、首が下に垂れてしまい、首の筋肉だけで頭を起こすので、首こり肩こりの原因になります。


キーボードをたたいたり、ハンドルを握ったり・・・腕が常に自分の身体の前にあると、肩が前につっこむようになり、次第に「猫背」の姿勢が当たり前になってしまいます。
koshi4

肩こり・首こりの方は、ほぼ例外なく姿勢が悪くなっています。
ですから、今よりも綺麗な姿勢になることが、肩こり・首こりの改善の早道と言えます。

写真は背骨の動きを確かめながら、姿勢を整えています。


姿勢の悪い猫背の状態が続いてしまうということは、背中の筋肉のオーバーストレッチ(オーバーユース)が続いてしまうということです。

肩や背中の筋肉が、これ以上背中が丸まらないように、過剰に頑張ってしまい、その結果、肩こりになってしまっているのです。

2. 肩甲骨や背骨の動きの低下による肩こり・首こり

kenkoukotukotuパソコンなどの長時間のデスクワークや長時間の車の運転、喘息などの席が酷い方など、背中を丸めた姿勢のまま、身体を動かさないでいると、肩や首、背中の筋肉がカチカチになってしまい、肩甲骨や背骨の動きが悪くなってしまいます。

身体を動かすために、いつも以上に筋肉を使ってしまい、首こり肩こりの原因になります。


結局は、これも不良姿勢で骨の動きが悪くなると言っても過言ではありません。

kata4
肩甲骨や背骨の動きをスムーズにしています。

この施術の手を放しても、腕が上がったままの方がいます。

普段、無意識に肩や腕に力を入れながら過ごしていることに、気づいていないのです。


3. 眼精疲労、疲れ目による肩こり・首こり

tukaremeパソコンやケータイの画面などから出るブルーライトの刺激、もしくはメガネが合わないなど、眼から来る頭痛や肩こり・首こりの原因になります。

眼から入った情報は、脳の後頭野で認識されますから、そういったことでも頭の付け根の部分が疲れやすくなるでしょう。


また、眼が見づらくなれば、眼を細めたり、対象物に顔を近づけたりしますから、そういったことからも肩こりを悪化させてしまいます。


head眼を酷使している方は、頭が疲れていたり、不眠などの睡眠障害に悩まされている方も多いです。

脳や脊髄を循環する脳脊髄液の流れをスムーズにする、クラニオセイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法)が大変効果があります。

頭痛や眼精疲労が楽になったり、首の動きが改善される方も多くいらっしゃいます。
視力が良くなるような方もいらっしゃいます。


4. 寝違えや冷えによる肩の痛み・首の痛み

keibutsuu寝違えによる首や肩への激痛は、しばしば「冷え」や「寝汗」などから起こることがあります。

このように聞くと、血流を良くすれば、寝違えも治ってしまいそうなのですが、実際にはそれだけで良くなることはあまりありません。


「寝違い」は、ギックリ腰のように突然襲われるものです。痛みの強さや起こり方が、どことなくギックリ腰と似ていますね。
ギックリ腰のほとんどは、腰の筋肉の亜脱臼が原因なのですが、「寝違い」の場合も、首の筋肉の亜脱臼が起きているケースがほとんどです。

多くの場合、この筋肉のずれを改善しただけで、「寝違い」も改善していきます。ずれている筋肉が、しっかり維持出来る様になれば、寝違いも起こり辛くなるでしょう。


kata7首の筋肉や骨への施術をしています。

筋肉のずれを治したり、筋肉の反射を使って、首の動きや痛みを改善していきます。


5. ストレス、歯ぎしりなど、あごの使い過ぎによる肩こり・首こり

Overwork Stress Male肉体的、精神的なストレスなどは、2つある自律神経のうちの「交感神経」を高ぶらせ、常にストレスと戦う準備をしています。

誰かに攻撃されたら、すぐに反応できるように、筋肉を常にスタンバイさせた状態にしているのです。


また、そういった時は、無意識に顎に力が入ったりしているものです。普段も口を閉じている通り、顎の筋肉を絶えず使っていますが、過剰に緊張をした時に初めて脳に痛みとして情報が送られます。
顎からくる頭痛は、主に眉やこめかみに痛みを生じさせ、肩こりや首こりにもつながっていきます。


headストレスが多い方は、頭がすっきりしなかったり、不眠などの睡眠障害に悩まされている方こと多いです。

こういった場合も、脳や脊髄を循環する脳脊髄液の流れをスムーズにする、クラニオセイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法)が大変効果があります。


おでこの辺りがもやもやする感じがある方は、少し精神的なストレスが多いかも知れません。ストレスを発散できる自分なりの方法を見つけておくとよいでしょう。

6. 体型・体質・筋力低下による肩こり・首こり

nokinryoku写真の方を見て、気力が充実しているように見えるでしょうか?

基礎的な筋力そのものが弱く、はたから見ても無気力に見えます。

基礎体力がありませんので、身体が動きすぎてグニャグニャしたり、施術をしても、姿勢を維持させることが出来ないのです。つまり、誰が施術しても治り辛いのです。

姿勢がなかなか維持できませんから、常に脳は全身の筋肉への姿勢制御の指令を出し続けなければならなくなります。ですから、異常に頭や首や肩が疲れてしまうのです。


kata2

こういう方の場合は、日頃の生活に問題があることが多い(自分を律することが出来ないなど)ですので、生活指導やアドバイスを実践して頂く事が重要になります。

体操がめんどくさい、忙しくて出来ない、アドバイスが守れないという方は、おそらく良くなることはないでしょう。


7. 内臓の機能低下による肩こり・首こり

heart心臓・胃→左肩
肝臓・胆のう→右肩
腎臓→ 両肩
 など


支配神経領域に関連痛として痛みを生じさせます。酷い方は、しびれなども起こります。
自分で判断するのが難しいと思います。


asiasi1写真は、内臓への施術(マニピュレーション)です。(院長の手じゃありませんが。。。)

硬くなっている内臓を優しくマニピュレーションをして、内臓を柔らかくしたり、経絡(ツボ)を押すことで、内臓の機能改善を図り、関連痛としての肩こり・背部痛などを改善していきます。


8. その他

胸郭出口症候群、首の問題、ネックレスや服の重さ、冷え性、ぜんそくなど

※ 簡単に挙げただけでも、これだけあります。異なる原因に対して、単純に揉んだり、薬で症状を和らげたとしても、原因が取り除かれない限り、症状は繰り返します。
原因が多種多様なので、それを一律の治療法だけで対処するのには無理があるのです。

肩や首、眼などへの施術の一例です

※ 実際にはマスクをして、施術をしています
kata1当院で行う施術は、基本的に「ボキボキ」する施術ではありません。そういうのが苦手な方でも安心して受けられる施術です。

肩甲骨の動きをスムーズにしたり、胸筋をゆるませる施術を行っています。

出来るだけ、力を抜いて下さいね。力がなかなか抜けない方は、自分に力が入っていることに気付いていないので、まずは自分の身体を深く見つめましょう。


kata4

これも肩甲骨の動きをスムーズにする施術です。あまりにもゆったりした施術ですので、こんなもので効くの?と思われるかも知れません。


kata7

頸椎の動きに連動性を高める施術を行っております。だんだん眠くなってくるかも知れませんね。気持ちいいと思います。


kata3

鎖骨を施術しております。ある種の特定の体型の方に、かなり効果があります。
胸筋の異常緊張で、肩が前に入っている人は、鎖骨の動きが極端に悪くなっていることが多いです。

鎖骨の動きを改善しただけで、肩こりが消えることも多く見られます。


head

脳や脊髄を循環する脳脊髄液の流れをスムーズにすることで、自然治癒力を高める療法です。

頭痛眼精疲労が楽になったり、首の動きが改善される方も多くいらっしゃいます。


kata2

施術の最後で行うことが多いですが、立位や座位で行う施術です。上部の胸椎と胸骨の動きの連動させるような施術を行っています。


肩こり改善は、姿勢を変えることが一番!

face9

パソコンなどの長時間のデスクワークなど、同じ姿勢のまま仕事をしていること方は多いと思います。足を組んで座る癖がある方ですと、さらに姿勢が悪くなりますね。多くの方に共通しているのが、背中が丸い(猫背)です。こういった方の多くは、腕が内側に捻じれている事が多いです。

猫背になった背中は、常に背中の筋肉がストレッチをされている状態になっています。つまり、筋肉のオーバーストレッチ状態です。その筋肉がそれ以上伸びないように頑張ってしまうので、筋肉が疲れてしまい、肩こりになってしまっているのです。

では、それを治すには、どうしたら良いのでしょう?

正しい姿勢を取り戻すこと・・・それに尽きます。


意外にもつまらない答えでしたが、足⇒骨盤⇒背骨と重力に抗します。肩の位置は、地面から離れた箇所になるので、土台がしっかりしないことには、上の方にある肩はグラグラと落ち着きません。
それを無意識に、肩の周りの筋肉が頑張って位置を固定させようとしているのです。

肩まわりはいつも不安定

nayami

肩の構造は、胸骨に鎖骨がぶら下がっているだけの不安定な構造になっています。鎖骨の先には、肩甲骨がぶら下がり、さらに肩甲骨からは、腕がぶら下がっています。
それを靭帯や周囲の筋肉だけで支えているのです。


マッサージや薬で良くなるのでしょうか?

ですから、腕の重さを吊り上げて、固定させる筋肉は、寝ている状態で重力が掛からない限り、常に無意識にでも働いていることになりますね。

不良姿勢による肩こりは、主に筋肉の疲労があります。筋肉が疲れ切ってしまうと、その部分に溜まってしまった老廃物などが、洗い流せなくなり、コリを感じてしまいます。
ですから、老廃物を洗い流すために、血行を促すマッサージやお風呂も場合によって効果があります。

薬に頼ったとしても、それなりに効果はあると思います。ただし、薬は多かれ少なかれ肝臓に負担を掛けますので、長期的に服用した場合、肝臓から来る肩こりなどにも留意する必要があります。

しかし、マッサージなどで一時的に楽になったとしても、再びコリを感じてくることは経験があるのではないでしょうか?

不良姿勢が良くならない限り、筋肉への負荷が変わらないからです。


からだケアルーム クオリア カイロ整体院