年末年始の営業について
「動く脳トレ」フェルデンクライスATMレッスンを体験しよう!

金曜14時と土曜18時半から、フェルデンクライスATMレッスンのグループレッスンを開催中です!「動く脳トレ」で自由で美しい身体、いつまでも若い脳を手に入れましょう!

詳しくはこちら

肩こり・首こり・頭痛・眼精疲労

肩こり・首こりの主な原因

肩こり原因その1 不良姿勢(猫背)

desk

パソコンなどの長時間のデスクワークや長時間の車の運転など、腕が常に自分の身体の前にあると、肩が前につっこむようになり、次第に「猫背」の姿勢が当たり前になってしまいます。

とくにノートパソコンなどは、視線がどうしても下がりますから、首が下に垂れてしまい、首の筋肉だけで頭を起こすので、首こり肩こりの原因になります。

また、最近では、スマホを使いすぎる「スマホ首」というのもありますね。

肩こり・首こりの方は、ほぼ例外なく姿勢が悪くなっています。

姿勢が悪くなると?

姿勢の悪い猫背の状態が続いてしまうということは、背中の筋肉のオーバーストレッチ(オーバーユース)が続いてしまうということです。

肩や背中の筋肉が、これ以上背中が丸まらないように、過剰に頑張ってしまい、肩甲骨や背骨の動きを低下させ、その結果、肩こりになってしまっているのです。

肩こり原因その2 眼精疲労、疲れ目

tukareme

パソコンやケータイの画面などから出るブルーライトの刺激、もしくはメガネが合わないなど、眼から来る頭痛や肩こり・首こりの原因になります。

眼から入った情報は、脳の後頭野で認識されますから、そういったことでも頭の付け根の部分が疲れやすくなるでしょう。

また、眼が見づらくなれば、眼を細めたり、対象物に顔を近づけたりしますから、そういったことからも肩こりを悪化させてしまいます。

眼を酷使している方は、頭が疲れていたり、不眠などの睡眠障害に悩まされている方も多いです。

脳や脊髄を循環する脳脊髄液の流れをスムーズにする、クラニオセイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法)が大変効果があります。

頭痛や眼精疲労が楽になったり、首の動きが改善される方も多くいらっしゃいます。
視力が良くなるような方もいらっしゃいます。

肩こり原因その3 寝違えや冷えによる肩の痛み・首の痛み

keibutsuu

寝違えによる首や肩への激痛は、しばしば「冷え」や「寝汗」などから起こることがあります。

このように聞くと、血流を良くすれば、寝違えも治ってしまいそうなのですが、実際にはそれだけで良くなることはあまりありません。

「寝違い」は、ギックリ腰のように突然襲われるものです。痛みの強さや起こり方が、どことなくギックリ腰と似ていますね。
ギックリ腰のほとんどは、腰の筋肉の亜脱臼が原因なのですが、「寝違い」の場合も、首の筋肉の亜脱臼が起きているケースがほとんどです。

多くの場合、この筋肉のずれを改善しただけで、「寝違い」も改善していきます。ずれている筋肉が、しっかり維持出来る様になれば、寝違いも起こり辛くなるでしょう。

肩こり原因その4 ストレス、歯ぎしりなど、あごの使い過ぎ

Overwork Stress Male

肉体的、精神的なストレスなどは、2つある自律神経のうちの「交感神経」を高ぶらせ、常にストレスと戦う準備をしています。

誰かに攻撃されたら、すぐに反応できるように、筋肉を常にスタンバイさせた状態にしているのです。

また、そういった時は、無意識に顎に力が入ったりしているものです。普段も口を閉じている通り、顎の筋肉を絶えず使っていますが、過剰に緊張をした時に初めて脳に痛みとして情報が送られます。

顎からくる頭痛は、主に眉やこめかみに痛みを生じさせ、肩こりや首こりにもつながっていきます。

おでこの辺りにもやもやする感じがある方は、少し精神的なストレスが多いかも知れません。ストレスを発散できる自分なりの方法を見つけておくとよいでしょう。

肩こり原因その5 体型・体質・筋力低下

nokinryoku

写真の方を見て、気力が充実しているように見えるでしょうか?

基礎的な筋力そのものが弱く、はたから見ても無気力に見えます。

基礎体力がありませんので、身体が動きすぎてグニャグニャしたり、施術をしても、姿勢を維持させることが出来ないのです。つまり、誰が施術しても治り辛いのです。

姿勢がなかなか維持できませんから、常に脳は全身の筋肉への姿勢制御の指令を出し続けなければならなくなります。ですから、異常に頭や首や肩が疲れてしまうのです。

体力作りから始めましょう

こういう方の場合は、日頃の生活に問題があることが多い(自分を律することが出来ないなど)ですので、生活指導やアドバイスを実践して頂く事が重要になります。ジム通いもオススメです。

体操がめんどくさい、忙しくて出来ない、アドバイスが守れないという方は、おそらく良くなることはないでしょう。

肩こり原因その6 内臓の機能低下

heart

心臓・胃→左肩
肝臓・胆のう→右肩
腎臓→ 両肩
 など

支配神経領域に関連痛として痛みを生じさせます。酷い方は、しびれなども起こります。
自分で判断するのが難しいと思います。

写真は、内臓への施術(マニピュレーション)です。

硬くなっている内臓を優しくマニピュレーションをして、内臓を柔らかくしたり、経絡(ツボ)を押すことで、内臓の機能改善を図り、関連痛としての肩こり・背部痛などを改善していきます。

その他の原因

胸郭出口症候群、首の問題、ネックレスや服の重さ、冷え性、ぜんそくなど

※ 簡単に挙げただけでも、これだけあります。異なる原因に対して、単純に揉んだり、薬で症状を和らげたとしても、原因が取り除かれない限り、症状は繰り返します。
原因が多種多様なので、それを一律の治療法だけで対処するのには無理があるのです。

肩や首、眼などへの施術の一例です

肩甲骨や胸郭を滑らかに動かします

当院で行う施術は、基本的に「ボキボキ」する施術ではありません。そういうのが苦手な方でも安心して受けられる施術です。

肩甲骨の動きをスムーズにしたり、胸筋をゆるませる施術を行っています。

出来るだけ、力を抜いて下さいね。力がなかなか抜けない方は、自分に力が入っていることに気付いていないので、まずは自分の身体を深く見つめましょう。

これも肩甲骨の動きをスムーズにする施術です。

あまりにもゆったりした施術ですので、こんなもので効くの?と思われるかも知れません。

頸椎に動きをつけています

頸椎の動きに連動性を高める施術を行っております。

だんだん眠くなってくるかも知れませんね。気持ちいいと思います。

鎖骨の動きに弾力性をつけます

kata3
鎖骨を施術しております。ある種の特定の体型の方に、かなり効果があります。
胸筋の異常緊張で、肩が前に入っている人は、鎖骨の動きが極端に悪くなっていることが多いです。

鎖骨の動きを改善しただけで、肩こりが消えることも多く見られます。

脳脊髄液の流れを良くします

脳や脊髄を循環する脳脊髄液の流れをスムーズにすることで、自然治癒力を高める療法です。

頭痛眼精疲労が楽になったり、首の動きが改善される方も多くいらっしゃいます。

立位での施術を行います

施術の最後で行うことが多いですが、立位や座位で行う施術です。上部の胸椎と胸骨の動きの連動させるような施術を行っています。
肩こり・頭痛
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
からだケアルーム クオリアをフォローする
からだケアルーム クオリア|相模原市南区古淵の整体院
からだケアルーム クオリア