相模原市南区古淵のフェルデンクライス整体院

動悸がする

こんなことありませんか?

 身体の火照りがある
 のぼせる感じがする
 急にイライラする

自律神経を整えましょう

脳下垂体では、甲状腺刺激ホルモンや成長ホルモン、卵胞刺激ホルモン、黄体形成ホルモンなど様々なホルモンを産生しています。女性で気になるのは、エストロゲンやプロゲステロンを作るように刺激する卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンでしょう。

脳下垂体の隣には、自律神経の領域があり、脳下垂体の働きが活発になると、自律神経も、一緒に働きだしてしまうのです。

すると、のぼせや汗をかいたり、動悸を感じたり、イライラしたりするのです。

女性の場合、40過ぎると女性ホルモンが減少し、脳下垂体がより活発になりやすく、こういったことが起こりがちです。ホットフラッシュなどもそうですね。

自律神経を整えるには、呼吸から変える必要があります。当院の施術も自律神経を整える役に立つはずです。

施術の一例

※施術の効果には個人差があります。

横隔膜への施術
呼吸を整えると、自律神経をリラックスさせます。
クラニオ・セイクラル・セラピー(頭蓋仙骨療法)
頭蓋骨を調整することで、深いリラックス効果を生みます。
迷走神経への施術
迷走神経は胸郭内と腹腔内の内臓をコントロールしています。迷走神経の反応は耳に表れやすいので、耳を刺激していきます。
この記事を書いた人
からだケアルーム クオリア 院長 阿部 隆行

国際公認フェルデンクライスメソッド・プラクティショナー/MCC横浜認定メディカルカイロプラクター/リンパドレナージュ講師
2008年の開院以来、約20,000人の施術実績。週刊誌の健康記事掲載実績。施術歴15年以上。

からだケアルーム クオリアをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自律神経
からだケアルーム クオリアをフォローする
からだケアルーム クオリア|相模原市南区古淵の整体院
タイトルとURLをコピーしました