フェルデンクライスATMレッスン レポート 2018年11月 その2

フェルデンクライス ATMレッスン レポート

2018年11月に実施されたATMレッスンをレポートします。その2

顎と舌のレッスン

喋ったり、息をしたり、食べたり飲んだりに関わる動きを行いました。

動かしたのは首から上の顎や舌だけなのに、首から背骨の動きが楽になり、可動域も増えました。

呼吸も楽になり、しっかりと酸素が入る。
歩いた時に、重かった脚が、凄く楽になりました。

終わった後、小顔になった気がするとの事です。笑

神経系がリラックスすると、全身に効果が染み渡りますね。
指導している私達もわからないことが起こるから楽しいですね。

股関節の動きを良くするレッスン

初期の認知症の方のレッスン。

毎回、来るのが楽しみだそうです。笑

今回は最初のボディスキャンの可動域からして違います。
胸郭がうまく動けていました。

胸が開いてくると、自信に充ちたように見えますよね。
回を重ねる毎に、言葉数も多くなり、もはや認知症と言われても、どこが?というレベルです。

動きの度に、様々な変化に気づくようなので、このまま行けば本当に治ってしまいそうです。
あとは認知スピードが上がってくればですね。

今の所、かなり順調です。

言葉が理解できるレベルの認知症の方へのレッスンを希望されるご家族の方は、特別に枠を作ってのレッスンとなりますので、直接お問い合わせ下さい。

横向けで頭と腕と足を様々に転がすレッスン

ココロビヨガさんとのコラボレーションイベントでのレッスンです。このレッスンの後に、ヨガレッスンを行いますので、ヨガの動きがしやすくなるようにレッスンを行いました。

今回は、踵から頭までを一本の棒で貫いたようにイメージさせてから、股関節、肩関節、頭とそれぞれ動きを分化させていくというレッスンを選びました。

普段は1~2名でのレッスンが多いので、どんな風に身体が変化してるのかなど、具体的な言葉でのフィードバックがあるのですが、今回は7名のレッスンでしたので、どういう感想を持たれたのかはわかりませんが、皆さん、身体の可動域が良くなっていました。

この後に行われたヨガも気持ち良さそうに動けたようです。

いもむしの動きのレッスン

彼女はかなり前からレッスンを受けられています。

フェルデンクライスを受けた後に、リンパを流していますが、フェルデンクライスをやった方が、リンパの効果が高まるので、両方受ける方が多いんですよ。

今回はイモムシの動きを行いました。

首から肩の凝りと痛み。脚のむくみと重い感じがありましたが、これら全て解消し、上半身と下半身が繋がって動いている感覚になりました。

脚が軽やかに歩ける様になりました。

この動きは、咀嚼にも繋がる動きで、子どもの運動発達においても、とても重要です。

両手を重ねて、背中と胸を反らすレッスン

度々登場の認知症ケアのための1週間に1回のレッスンです。

体幹をダイナミックに回旋させる動きと反る動きを行いました。

脚をうまく使うことで、脚の動力が頭まで伝わったでしょうか?

少しずつレッスンが複雑化しています。指導する側も言葉掛けが難しくなります。笑

少し短期記憶が難しく、同じ動きを反対側で行う際に、タイムラグがありますが、初回時より大幅に改善出来ています。

左側の女性ははるばる葛飾から月イチでレッスンを受けています。
右側の女性は今回初めてのレッスンです。

一つ上の認知症ケアのレッスンでも同じレッスンを行いましたが、少しバリエーションを増やして行いました。

途中、生徒さんが足を吊ってしまったのを、院長がケアをするハプニングはありましたが、初対面同士のレッスンは和気藹々としたものになりました。笑

レッスン後は、身体の可動域も大幅にアップして、その効果に驚かれていたのが印象的でした。

いつもいらしている女性は、ATMを始めてからは、自分で自分の身体の変化に対応出来るようになってきたようです。

すごく効果があり、価値のあるエクササイズだと思いますので、是非、お友達お誘い合わせの上、また受けて頂けたらなと思います。

ホームぺージ運営者
クオリア院長 阿部 隆行

当院院長。カイロプラクティック歴10年以上。フェルデンクライスメソッドの国際ライセンス、2020年取得を目指す。

からだケアルーム クオリアをフォローする
フェルデンクライス ATMレッスン ブログ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
からだケアルーム クオリアをフォローする
相模原市南区古淵の背骨の整体|からだケアルーム クオリア
からだケアルーム クオリア