フェルデンクライスATMレッスン レポート 2018年12月

フェルデンクライス ATMレッスン レポート

2018年12月に実施されたATMレッスンをレポートします。

いもむしの動きのレッスン

普段やらない動きをする事で、はじめは戸惑ったり、思うようにうごけなかったりします。

それが中枢神経系に刺激を与え、新しい動きを学習して行きます。

動いているうちにどんどん動きの質が変化して行き、身体にも変化が現れます。

Nさんは、はじめうつ伏せの状態で上手く前進出来ませんでしたが、試行錯誤するうちに前進後退が出来るようになりました。

そして首肩の痛みやコリ、身体の左右差がほぼ解消しました。

腕を伸ばすレッスン

認知症初期の方へのレッスン。

今日は腕を伸ばすレッスン。
横向けで肘を動かしたり、骨盤を動かしたり、様々な動きをバラバラにしながら、最後に統合できるようにまとめていきます。

レッスンが進む事に動きが複雑化していきましたが、複雑化すればする程、気づきが得られ、言葉数も増えてきます。

脳が活性化している様がよく分かります。

これからも少し難しい動きのレッスンを楽しみましょう♪

言葉が理解できるレベルの認知症の方へのレッスンを希望されるご家族の方は、特別に枠を作ってのレッスンとなりますので、直接お問い合わせ下さい。

身体を転がしながら、胸やお腹を拡げるレッスン

60代、30代、小学生という三世代母娘のレッスンでした。

30代の女性がヘルニアで強い坐骨神経痛があるのと、娘さんが空手の動きに難があるようなことを伺っていましたので、その二つのニーズを満たすようなレッスンを心掛けました。

身体を転がしながら、胸やお腹を拡げるレッスンを行いました。

ヘルニアの女性は、少し動けない動きがありましたので、一人だけ少し違う動きをさせたりと、少人数ならではの臨機応変のレッスンです。
60代の女性は、身体の感覚が鋭く、レッスンが進むにつれ、何かしらの気づきを得たようです。

レッスン後は、身体の可動域の変化や歩きやすさ、重心の変化など、様々な新しい感覚を味わったようです。

何か気に入った動きでもやってみて下さいね。

脚を立てる動きと、骨盤を転がす動きのレッスン

脚を立てる動きと、骨盤を転がす動き。

大きかった身体の左右差がほぼなくなり、息苦しかった呼吸が楽になりました。
彼女はまだ2回目ですが、色々な気づきがあり、レッスンを楽しんでくれています。

いもむしの動きのレッスン

ダンスの先生です。

普段からダンスをやっているので、同じ部位の筋疲労や、身体のどこかに痛みががある事が多いです。

フェルデンクライスメソッドをしていくうちに、動けなかった部分が滑らかに動きだし、辛くて向けなかった側に楽に首が回る様になります。

今回の芋虫の動きは大人には難しい動きですが、彼女はどんどん前進後退のスピードが増して、楽に動けるようになりました。さすがダンスの先生です!

呼吸のレッスン

呼吸のレッスン。

楽に呼吸出来る様になるだけでなく、身体の左右差がほぼ無くなり、辛い首肩も楽になりました。
呼吸だけのレッスンなのに、不思議ですね。

呼吸は唯一自分で意識的に自律神経をコントロール出来ます。

呼吸を整えてあげることで、乱れがちな自律神経にもアプローチする事が出来ますね。

彼女はとても効果が高いようですね。

ホームぺージ運営者
クオリア院長 阿部 隆行

当院院長。カイロプラクティック歴10年以上。フェルデンクライスメソッドの国際ライセンス、2020年取得を目指す。

からだケアルーム クオリアをフォローする
フェルデンクライス ATMレッスン ブログ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
からだケアルーム クオリアをフォローする
相模原市南区古淵の背骨の整体|からだケアルーム クオリア
からだケアルーム クオリア