相模原市南区古淵のフェルデンクライス整体院

めまいがする

こんなことありませんか?

 頭を回すとめまいがする
 
頭がふわふわする
 床がぐるぐる回る
 何となく揺れている感じがする
 貧血気味である

めまいを感じたら深呼吸を

めまいには、耳の三半規管やリンパの流れが関係するもの、貧血などの脳虚血、目の動きの協調性の問題などがあります。

どのケースも、改善に役立ちそうなのが、呼吸を整えることです。息を吸いやすくすることが大切です。
肺が大きく膨らめば、血液が全身に巡りやすくなります。新鮮な酸素も脳に供給されます。自律神経もリラックスします。

めまいを感じた時には、深呼吸をするようにしましょう。

ただし、吐き気や激しい頭痛を伴うような脳血管疾患だったり、メニエール病などの可能性もありますので、症状が強いめまいの場合は、病院(耳鼻科)で検査をして下さい。(メニエール病は改善した方もおりますので、ご相談下さい)

施術の一例

※施術の効果には個人差があります。

胸郭や背骨への施術
胸郭が拡がると、呼吸がしやすくなります。身体の動きと目の動きが協調していない方にも効果があります。
クラニオ・セイクラル・セラピー(頭蓋仙骨療法)
頭蓋骨を調整することで、自律神経のバランスを整えます。
横隔膜への施術
血液の巡りを良くするために、横隔膜をリラックスさせることは大切です。

めまいの主な原因

脳によるめまい

低血糖、脳血管の問題
→ 暗くなるようなめまいを感じる方が多い。
ポイント 血糖は自分でコントロールできますが、脳血管の場合は、当院では対象外となります。

耳によるめまい

メニエール、良性頭位めまい、耳鳴り、ヘッドホン、前庭神経炎(風邪から)
→ ぐらぐら回るめまいを感じる方が多い。特に前庭神経炎の場合は、激しい症状が突然現れます。
ポイント 「内耳リンパ」の流れが主な原因。ゴーッという低音の耳鳴りがする場合も多い。自律神経のバランスを整えることが改善に繋がります。あまりにもひどい症状の場合は、耳鼻科へ。

その他のめまい

猫背など姿勢不良、ストレス、目の動きの問題
→ ふらふらするめまいを感じる方が多い。
ポイント 脳が必要以上に全身の筋肉に指令を送るために、脳の疲れがめまいに繋がります。姿勢を改善することが改善への近道。

その他に分類しましたが、めまいの方の多くは姿勢が悪かったり、ストレスが引き金になっています。

この記事を書いた人
からだケアルーム クオリア 院長 阿部 隆行

国際公認フェルデンクライスメソッド・プラクティショナー/MCC横浜認定メディカルカイロプラクター/リンパドレナージュ講師
2008年の開院以来、約20,000人の施術実績。週刊誌の健康記事掲載実績。施術歴15年以上。

からだケアルーム クオリアをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自律神経
からだケアルーム クオリアをフォローする
からだケアルーム クオリア|相模原市南区古淵の整体院
タイトルとURLをコピーしました