相模原市南区古淵のフェルデンクライス整体院

寝つきが悪い

こんなことありませんか?

 なかなか寝付けない
 夜中にスマホやパソコンを開くことが多い
 ストレスが多い

ストレスが一番の大敵

寝つきが悪い人の多くが、ストレスを抱えています。職場の人間関係、子供のことや夫のことなどの家族の悩み、近所づきあいなど、特に精神的なストレスが多いと、次第に寝つきが悪くなったり、睡眠が浅くなってきます。

最近では、ブルーライトによる目や脳への害が言われますが、睡眠の2時間位前からスマホやパソコンを開いていると、交感神経が刺激され、心身がリラックスできない状態になります。カフェインの含まれるコーヒーや栄養ドリンクなども、自律神経が興奮してしまいます。これらは寝る前にはなるべく控えたいですね。

体内時計をつかさどるホルモン「メラトニン」の分泌が妨げられている可能性もあります。

寝る前には激しい運動を避け、軽いストレッチやマッサージ、アロマなど、リラックスできる時間を作ると良いかも知れませんね。

睡眠障害があると、高血圧や心臓病、脳卒中などの生活習慣病のリスクも高まりますので、リラックスできる施術をおススメします。

施術の一例

※施術の効果には個人差があります。

クラニオ・セイクラル・セラピー(頭蓋仙骨療法)
全身の神経に栄養を届ける施術です。自律神経のリラックス効果があり、睡眠障害には効果的です。
松果体への施術
体内時計をつかさどるホルモン「メラトニン」の分泌を促します。
フェルデンクライスATMレッスン
全身の緊張がほぐれてくると、寝つきも改善してきます。

 

この記事を書いた人
からだケアルーム クオリア 院長 阿部 隆行

国際公認フェルデンクライスメソッド・プラクティショナー/MCC横浜認定メディカルカイロプラクター/リンパドレナージュ講師
2008年の開院以来、約20,000人の施術実績。週刊誌の健康記事掲載実績。施術歴15年以上。

からだケアルーム クオリアをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
睡眠の悩み
からだケアルーム クオリアをフォローする
からだケアルーム クオリア|相模原市南区古淵の整体院
タイトルとURLをコピーしました