相模原市南区古淵のフェルデンクライス整体院

のどがつまる感じがする

こんなことありませんか?

 喉の奥が詰まった感じがする
 のどにボールがある感覚がある(ヒステリー球)
 水を飲んでもすっきりしない
 つばが上手く飲み込めない

潤いを保ちましょう

更年期前後は、女性ホルモンの働きが落ち、肌が乾燥しがち。口やのどの粘膜も乾燥してしまうので、何となく喉が詰まった感じがします。

また、女性ホルモンの働きの変化で、自律神経が乱れてくると、ヒステリー球と呼ばれるボールのような大きな球が、のどの奥につまっているように感じて、つばがうまく飲み込めないということもあります。

自律神経をリラックスさせる施術を受けたり、ビタミンAやCなどを摂取して、潤いを保つのも良いでしょう。

ただ、あまりにも症状がひどい場合は、病院で受診するようにしましょう。

施術の一例

※施術の効果には個人差があります。

背骨の調整
背骨を調整して、のどの軌道を狭める姿勢を改善します。
クラニオ・セイクラル・セラピー(頭蓋仙骨療法)
ホルモンのバランスを整えたり、自律神経の乱れを改善します。
迷走神経への施術
自律神経や内臓の働きを整えます。血圧が下がる人も。
この記事を書いた人
からだケアルーム クオリア 院長 阿部 隆行

国際公認フェルデンクライスメソッド・プラクティショナー/MCC横浜認定メディカルカイロプラクター/リンパドレナージュ講師
2008年の開院以来、約20,000人の施術実績。週刊誌の健康記事掲載実績。施術歴15年以上。

からだケアルーム クオリアをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自律神経
からだケアルーム クオリアをフォローする
からだケアルーム クオリア|相模原市南区古淵の整体院
タイトルとURLをコピーしました