腰痛診断1分チェックシート


このページをご覧になっているということは、少なからず腰痛の悩みを抱えているのではないでしょうか?

ここでは、主な腰痛とその原因、そしてその特徴的な症状をいくつか取り上げています。

あなたにとって当てはまる症状が多ければ多いほど、自分の腰痛の原因に近づけるようになっています。(※ ただし、実際には多くの方は原因が複数あります。あくまでも参考程度にお考え下さい。)

まずはじめに、大まかな分類を見て頂き、それから絞ってみていきましょう。

腰を後ろに反ると比較的強い痛み
反り腰(腰の反りすぎ・腰椎過前弯)
強直性脊椎炎
脊柱管狭窄症
腰椎すべり症(分離症)
腰を前に曲げると比較的強い痛み
腰椎椎間板ヘルニア
どんな動きでも激痛 急性腰痛(ぎっくり腰)
重い痛み、鈍痛がある グラグラ骨盤(仙腸関節可動性亢進)
慢性腰痛(腰部筋筋膜症)
内臓から来る腰痛

それでは、早速、腰痛チェックシートを見ていきましょう。

腰を後ろに反ると痛い(1) 反り腰による腰痛

こんな症状ありませんか?
☑ 腰を反るのが辛い(前に曲げると腰がつっぱって痛い事も)(※)
☑ 何となく、横向けで丸まって寝ていることが多い
☑ 寝返りをうつのが辛い
☑ うつ伏せになるのが辛い
☑ 仰向けになると、腰に手が入る隙間が出来る
☑ 仰向けが辛い、膝を立てると楽になる
☑ 仰向けで腿上げをすると、腰が痛くなる
☑ 尾てい骨が当たる感じがする(おしりを突き出している)
☑ 脚の付け根が痛い、違和感がある
☑ 朝起きる時に腰の痛みがある(※)
☑ 腰のマッサージで逆に腰が痛くなった
☑ ハイヒールを履くことが多い(多かった)
☑ つまづくことが多い
☑ すねが疲れやすい
☑ 膝の裏が反っている
☑ 坐骨神経痛がある
☑ 妙におなかが出ている(ぽっこりおなか・幼児体形)
☑ 突発的におなかを下すことがある
☑ バレーボール、バスケ、ゴルフ、ヨガ、バレエをよくやっていた
☑ デスクワークで、ずっと座って仕事をしていることが多い
※反り腰ではありませんが、症状が似ているものに、強直性脊椎炎があります。比較的症状が似ているので、こちらにまとめさせて頂きました。

意外と気づかれない腰痛の原因の一つに、「反り腰(腰椎過前弯)」があります。こういう方は、腰をマッサージしますと、さらに腰が反ってしまうために、逆に悪化するということが多く、施術が難しいものの一つと言えると思います。

また、反り腰(腰椎過前弯)は、特に女性に多く見られます。ハイヒールなどを履いたり、腹筋が男性に比べ弱い方が多いなどの理由が考えられます。

上記で挙げた項目をさらに詳しく解説し、さらに改善のためのアドバイスや体操、当院で行っている施術を下のリンクからもう少し深くご紹介します。

腰を後ろに反ると痛い(2) 脊柱管狭窄症・腰椎すべり症(分離すべり症)による腰痛

さらにこんな症状ありませんか?
※上記の反り腰の症状だけでなく、このような症状も当てはまる方
☑ 立っているだけで、臀部や脚に痛みやしびれが強くなる
☑ 身体が痛みの少ない方向に傾いている
☑ 腰を丸めると楽になって、再び歩けるようになる(間欠性跛行・かんけつせいはこう)
☑ 腰や脚や足がしびれることがある
☑ 下半身の脱力感、締め付け感や冷感
☑ 坐骨神経痛が強い
☑ 肛門周辺の感覚麻痺
☑ 腰の骨をボキボキ鳴らす癖がある(あった)
☑ 30分続けて歩くことが出来ない間欠性跛行
☑ 10分歩けない重度の間欠性跛行(→手術検討)
☑ 足首が下がったまま上がらない(下垂足)といった麻痺症状(→今すぐ病院へ!)
☑ 排尿・排便障害が起きている(→今すぐ病院へ!緊急!)

反り腰が酷くなってきますと、脊柱管狭窄症や腰椎すべり症(分離すべり症)のような症状に繋がります。特にしびれが出るようになりますと、良くなったり悪くなったりを繰り返しますので、症状が軽くなったからと言って動きすぎると、再び症状をぶり返す傾向があります。ですので、一喜一憂して、治療院を変えたりする方が殊の外多いです。

こういう方も、反り腰と同様に、腰をマッサージしますと、悪化してしまうことが多いです。

上記で挙げた項目をさらに詳しく解説し、さらに改善のためのアドバイスや体操、当院で行っている施術を下のリンクからもう少し深くご紹介します。

【About 脊柱管狭窄症・腰椎すべり症】

腰を前に曲げると痛い 腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛

こんな症状ありませんか?
☑ 仰向けで脚が高く上がらない(45度以上)
☑ せきやくしゃみで強い痛みがある
☑ 腰を前に曲げると痛みが強くなる
☑ 前屈みが辛い
☑ 臀部や脚のしびれが伴うことがある
☑ 腰を丸めた状態を続けるとかなり辛い
☑ 腰の骨が丸まって、出っ張っているところがある
☑ 排便障害が起きている(→今すぐ病院へ!緊急!)

腰椎椎間板ヘルニアは背骨と背骨の間に挟まっているクッションである「椎間板」の中央にある、「髄核」が脊柱管に膨隆するか否かということで、診断名が決まります。

【ヘルニア悪化3段階】

「椎間板の膨隆」(椎間板に亀裂なし)→2「椎間板の突出」(椎間板に亀裂あり)→3「椎間板の脱出」(後縦靭帯を突破)という順番になります。

坐骨神経痛を例にとりますと、1と2の場合、坐骨神経痛があったとしても、実は健康な人の7割の方が膨隆や突出といったヘルニアを持っているというデータがありますので、ヘルニアが原因ではないケースが多いです。しかし、3の「椎間板の脱出」がある場合、椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛と言っても差し支えありません。

整形外科の先生の中には、レントゲンだけで診断を下す方がいますが、椎間板は水分が多いですので、レントゲンで映ることはありませんので、必ずMRIで撮ってもらうようにして下さい。

上記で挙げた項目をさらに詳しく解説します。下のリンクをお読み下さい。

【About 腰椎椎間板ヘルニア】

どんな動きでも激痛 ギックリ腰(急性腰痛)による腰痛

こんな症状ありませんか?
☑ くしゃみ・咳で腰に激痛がする
☑ 腰を曲げるのも、捻るのも、反るのもかなり激しい痛みがある
☑ 前かがみの状態から、身体を起こすのがかなり辛い
☑ トイレがしんどい
☑ とにかくどんな動作でも激痛(安静している分には比較的楽)
☑ 横から見ると身体がくの字に曲がっている
☑ 人によっては臀部にしびれが出ることもある

ギックリ腰は、ふとした動作をしたときに、魔女の一撃と言われるほどに、突然極めて強い痛みが出ますので、すぐにわかると思います。

腰の筋肉がずれたために、体幹を保てなくなった方が多く、体幹のコアの筋肉がふにゃふにゃになっている方(だぼだぼの服を着たがる方に多い)は、治り方が遅いように思います。

上記で挙げた項目をさらに詳しく解説し、さらに改善のためのアドバイスや体操、当院で行っている施術を下のリンクからもう少し深くご紹介します。

骨盤周囲の鈍痛 グラグラ骨盤(仙腸関節の動きすぎ・開きすぎ)による腰痛

こんな症状ありませんか?
☑ 落ちついて座っていられない(足を組んだりする癖)
☑ 骨盤がグラグラする感じがある
☑ おしりのほっぺ(股関節の大転子あたり)をしばしば叩く
☑ 仙腸関節の所が痛かったり、グリグリしたものを感じる
☑ 生理になると腰が痛い
☑ 怒り、嫉妬などのネガティブな感情で腰が痛い
☑ 過去に足首をねんざした、くじいた、靭帯を伸ばした
☑ ギックリ腰を何度もやっている
☑ 水泳をしていた、している
☑ 長時間、自動車や自転車の運転をすることが多い
☑ 生ゴムベルトを使ったことがある

自力整体や一般的な整体などでは、「緊張した筋肉が骨を引っ張るから、その筋肉が緩んでくれば、自然と骨盤の位置は戻る」と考えています。これは、骨盤が捻じれているのを治すことを前提として考えています。

しかし、産後の方のように、仙腸関節の靭帯が伸びてしまい、骨盤が開いて安定感がなくなったケースを考慮に入れていません。(あとから骨盤ベルトで固定すれば良いのかも知れませんが)

仙腸関節が動きすぎてグラグラ骨盤の人は、まず骨盤の関節をうまく閉じてあげることが第一です。詳しくは、「生理痛・月経困難症の方必見!骨盤から来る腰痛と内臓からくる腰痛」をご覧下さい。こういう方に相応しい骨盤ベルトの巻き方も説明致します。

【About 骨盤由来の腰痛(生理痛・月経困難症)】

腰回りの鈍痛 腰部筋筋膜症(慢性腰痛)、筋肉疲労による腰痛

こんな症状ありませんか?
☑ 朝よりも夕方に腰が辛くなる(特に仕事の後)
☑ 腰を曲げるのも、捻るのも、反るのも辛い(しびれなどはあまりない)
☑ マッサージをするとなんとなく軽くなる
☑ 患部を温めると楽になる(お風呂で楽になる)
☑ リンパドレナージュで楽になる
☑ 肥満である
☑ 腰のストレッチをすると何となく気持ちいい
☑ 腰に比較的広い範囲の鈍痛がある(手のひらでおさえる範囲)

慢性腰痛や筋肉疲労は、症状としては筋肉の張りがメインで重篤なものではないと思います。日ごろの習慣やクセなどが症状に大きく影響します。

上記で挙げた項目をさらに詳しく解説し、さらに改善のためのアドバイスや体操、当院で行っている施術を下のリンクからもう少し深くご紹介します。

安静時にも痛い 内臓疾患(内臓機能低下)による腰痛

こんな症状ありませんか?
☑ 安静していても腰より少し上の背中が痛い
☑ お酒を飲み過ぎた
☑ 暴飲暴食をした
☑ トイレが近い・逆に遠い
☑ 薬をよく飲む
☑ 甘いもの・塩辛いものが大好きである
☑ 安静時でも激しい腰痛がある(「結石」が疑われますので、ただちに病院へ)

内臓が原因の腰痛は、動きと関係なく痛みが出る炎症です。軽度なものであれば、施術でも良くなることはありますが、腰痛以外の身体症状が顕著に見られる場合には、内科を受診するようにして下さい。

上記で挙げた項目をさらに詳しく解説し、さらに改善のためのアドバイスや体操、当院で行っている施術を下のリンクからもう少し深くご紹介します。

【About 内臓からくる腰痛】

当院で腰痛施術を受ける「4つ」の安心

安心その1 「ビフォーアフターが写真でわかる!」

姿勢改善 ビフォーアフター当院では、初めて来られた方を中心に、施術前と後の姿勢の変化を写真でお見せしております。自分の姿勢の変化で、施術効果がわかります。
この写真の方は、左にスライドしていた姿勢が改善し、腰痛や足のしびれがなくなりました。(※効果には個人差があります)


安心その2 「とにかく背中が床に吸い付く?」

反り腰 脊柱管狭窄症 改善

この女性の場合、腰が過度に反り過ぎているため、仰向けに寝た時に腰が浮いてしまいます。これは重力に逆らって、常にどこかの筋肉が無意識に緊張している証です。

当院の施術を受けると、その無意識の筋肉の緊張が取れ、床と背中の間の隙間が次第になくなり、背中の接地面が広くなることでしょう。そして、身体が楽に開放されるのです。
この不思議な感覚を味わえる施術は、当院ならではでしょう。


安心その3 「脳を調べる不思議な検査で、身体のことが見えてきます!」

筋力検査 神経機能検査

身体(骨)を動かすのは、筋肉です。では、その筋肉を動かす指令を出すのが、脳です。当院では、その脳の反応を筋力検査を通じて、皆さんにお見せします。

お客様の感想の一番多いのが、「とにかく不思議」。多くの方が書かれているのは、この検査のことなのです。


安心その4 「圧倒的なアフターケアで、あなたの身体をサポートします!」

施術後のアフターケア セルフケア

症状の原因は多くの場合、一つということは有りません。その原因の数だけセルフケアをお教えします。

セルフケアは、お医者様が出す処方箋のようなものです。取り組んだ分だけ、改善も早くなります。


腰痛に対して、どのような施術を行うのでしょう?

足・脚・膝や股関節への施術

膝 股関節 施術 マイクロ牽引

反り腰の場合、足が内側にねじれていることが多くみられます。
他にも足裏のアーチがなくなったり(偏平足)、つま先立ちになっていたり、指が反っていたり・・・色々です。

身体が前に傾きやすいので、それを戻すために腰が反るのです。
ですから、土台となる足への施術は重要です。


骨盤への施術

骨盤矯正 グラグラ骨盤 仙腸関節 可動性亢進一般的に腰が痛い人の多くが、骨盤の異常があります。2つの腸骨と真ん中の仙骨を施術します。過去にボキボキされた治療の代償で、今になって痛みが出ているというケースも多く見られます。

> 骨盤矯正について

背骨(脊柱)への施術

脊柱管狭窄症 反り腰 施術うつぶせにして、上から腰を押すような施術を行うと、さらに腰が反ってしまい、逆に悪化させてしまうことがあります。

当院では仰向けのまま腰に対する施術を行っていきます。
ここは当院オリジナルの施術だと思います。

横隔膜・大腰筋・腹筋への施術法

横隔膜 大腰筋 腹筋群

意外に思われるのは、横隔膜などの施術です。喘息患者など、咳を良くしたり、常に座りっぱなしの方などは、横隔膜や腰椎の前についている大腰筋が、過緊張を起こし、腰を反らせる負荷を掛けているケースが多いです。

また、横隔膜を支配しているのは、頚椎から出ている横隔神経ですので、腰の痛みなのですが、首への施術も必要になることもあります。


内臓への施術

腰が反るとおなかを突き出した姿勢になりますから、内臓がおなかの方にせり出しやすいのです。
酷い方ですと、腰が反りすぎて、急な腹痛に襲われることもあります。
こういった場合、内臓を持ち上げる施術を行います。

腰痛には、様々な原因がありますので、ほぐすことによって良くなるケースもあれば、逆に悪化させてしまうケースもあります。当院では、その鑑別をしっかりと行った上で施術を行います。
是非、お客様の施術の感想などをご覧下さい。当院の施術は、リラクゼーションとは一味違う施術と自負しております。是非、御利用下さい。


からだケアルーム クオリア カイロ整体院