相模原市南区古淵のフェルデンクライス整体院

フェルデンクライスと、こころときめくPPAP

院長
院長

こんにちは。相模原市南区古淵でフェルデンクライスメソッドによる運動療法で、発達障がいの成長サポートを行う整体院「からだケアルーム クオリア」のかえる院長です。

ブログのタイトルは、「あれ」なのですが・・・

先日、今はもうすでに亡くなられているのですが、慶應義塾大学の名誉教授で、日本のマーケティング論の第一人者と言われる村田昭治先生の「こころときめくマーケティング」という本を読みました。

↑ 語り口だけでも、本当に魅力のある先生ですね。初めて声を聴いた(笑)

村田先生の「こころときめくマーケティング」はどこかのブログで紹介されていたんですけど、人生を変えるほどの衝撃を覚えた本だというのです。

マーケティングの本でそんなに衝撃を覚えるというのは、どういうことなんだろう?
というわけで、自分も手に取ってみたわけなのです。

この本は、マーケティングのことを知ろうと思って手に取ると、かなり驚くかも知れませんね。学生に向けた講義録のようなのですが、人生論であったり、人間愛であったり、思索を広げる様々な知恵、そして、夢やときめきを、熱く語っています。

マーケティングの本と言えば、マーケティングの方法論やテクニック、マニュアル、フレームワークなどが載っていたりするものなんですけど、そんなものは一切ありません。すでにこの時点で衝撃的ですけどね。(笑)

本全編を通じて、人間に寄り添う愛情を説いています。
「人間味を捨てて、動作をマニュアル化できても、感情のマニュアル化はできない。感情を残したシステム化でなければ意味がない」と語っています。

マニュアル的な対応で相手の心は揺さぶることは出来ませんよね。そこに心があるかないか。

マーケティングの根底にある本質は、「どうやったら喜んでくれるのだろう?」というような利他の精神、人間愛なんでしょうね。


 

さて、そんな村田先生の「こころときめくマーケティング」の中に、こんなことが書いてありました。

「移動」というキーワードがあります。移動させた接点。軽井沢に行く。横川の釜めしがある。そこに玄米弁当がある。玄米を見直して、そこに自然食という言葉が出てくる。すると、「自然」ということをどう考えたら良いのか?「人工」に対する「自然」というものがこれだということに気が付く。

これがなんだ?という話なんですけど、村田先生は「接点」というものを大切にしたいとおっしゃっています。「接点」があるからこそ、思索が広がるのだと。

あぁ、なんかフェルデンクライスと繋がるものがありますね。

身体のどこが床に触れているのか?
自分の真ん中はどこにあるのだろう?
頭と坐骨の関係はどうなっているのか?
などなど・・・

フェルデンクライスのレッスンでは、その「接点」を増やすということを行っています。
発達支援のレッスンでも同じです。

例えば、人によっては、膝がどこにあるのか?どんなものなのかを感覚的に脳が認識していないケースがあります。膝が分からないので、使い方もわからない、歩き方もジャンプの仕方も良くわからない。そういう人には、右手で膝を触らせたり、左手で触らせたり、頭を近づけて見たり、膝を様々な方向に動かしてみたり・・・

とにかく膝と自分の身体の他の部分、または、周囲の環境とを繋げていくのです。まさに「接点」を増やす作業です。

「接点」を増やすことで、脳の中では、神経シナプスが繋がりを爆発的に広げます。

ある動きが出来るようになって、さらに他にある動きが出来るようになると、それらの動きを関連させて動くようになる。自分なりの動きを作っていく。つまり、それが発達ということになります。

思考にも大きな影響を与えます。立ちあがることが出来るようになって、周囲にあるものに興味を覚え、それとの接点を持つ。その接点と、自分の頭の中の知識とを繋げる。それの繰り返しで発達していきます。

発達の本質は動きも思考も同じです。我々が提供しているフェルデンクライスメソッドは、脳に様々な情報を送り、あとはその人自身に、送られた情報をどう活かすのかを委ねます。

その様々な情報の中から自分自身でつかみ取ったもの、それがその人にとっての、本当の意味での学びです。自分自身でつかみ取ったものっていうのは、血肉となりますし、自信を植え付けてくれるものです。

学び掴んだものが増えれば増えるほど、学んだもの同士を組み合わせて、Make New 新しいものを生み出すようになります。何か困難にぶつかった時に、それはとても役に立つのです。やり方が一つしか知らなければ、すぐに諦めてしまうからです。

 

そんなMake Newと言えば・・・

 

PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)・・・

接点を繋げるって、わかりやすく言えば、PPAP。

っていうか、今更PPAP・・・

おつかれさまでした。

発達に関するお悩み、ご相談下さい♪
発達支援コース(発達障がい、発達凸凹、才能を伸ばすためのコース)
ますよ 他のお客様との関係で、レッスン時間のご希望は添えない可能性があります。ご了承下さい。また、他のお子さんと一緒の時【続きを読む】
タイトルとURLをコピーしました