フェルデンクライスATMレッスン レポート 2019年4月 その2

フェルデンクライス ATMレッスン レポート

2019年4月に実施されたATMレッスンをレポートします。その2

横向きの姿勢で上の膝を後ろに滑らせ、上の腕を天井に伸ばすレッスン

側弯症のケアでのレッスン。

右半身と左半身で、天井に腕を伸ばす動きの組織化が、逆でした。
側弯症が腕を伸ばす動きに影響したのかも知れませんね。

家でATMをやると、すぐに眠くなってしまうそうで、あまり体操が出来てないようです。
体操を行えば、ちゃんと側弯症が小さくなっています。もったいないですので、少しだけ眠気を我慢してやってくださーい。

骨盤と背骨、脚の動きが繋がるレッスン

膝を前に出したり持ち上げたりする時に、膝だけで動かすのと、骨盤と連動させるのでは脚の重さも動きも大きく変わります。

膝から下のスレを持ち上げる時も、背骨を連動させると、可動域が増えて、滑らかに。

骨盤で円を描きながら、身体の他の部位でも円を描けてる所を探してゆきます。
意識を向けると身体の至る所がくるくると回り始めるのを感じられますね。

レッスン後は大きかった左右の筋肉の張りがほぼ無くなり、バランスが良くなりました。

脚部の関節と背骨が繋がる動きのレッスン

仰向けで両足を天井の方に上げ、両膝の後ろを抱えます。

足首を曲げながら同時に膝を伸ばしてゆきます。
頭を持ち上げる動きをプラスしてみます。

この時、骨盤はどんな動きをするのか。
背中のどこが床を押しているでしょう。

うつ伏せになって、爪先立ちになって、骨盤を持ち上げ、弧を描くように左右に転がします。

初めの動きに戻ってみると、とても動きが滑らかに、楽に行えるようになりました。

右半身の筋肉の余分な張りが取れ、身体が一体化して動けるようになりました。

肘と膝を近づけたり、離したりのレッスン

今回が初めてのレッスン。おためしレッスンで、どのように感じるのでしょうか?

肘を膝に近づけるという動きを、座った姿勢、仰向け、そして、横向けなど、様々なバリエーションで行いました。

単純に肘を膝に近づける動きでも、背骨を長くしたり短くしたりと、言葉の指示を変えると、同じ動きをしているはずなのに、動きが変わってきます。

背骨が動くと、楽に動けるように感じたと思います。
身体の可動域が増え、背が伸びたように感じたようです。

背骨がきちんと動けると、身体の他の部位の動きにも影響を及ぼします。
背骨から力を伝えましょう。

肘と膝を近づける際に、どうにも腹筋の力が抜けず、最後の最後まで、動きを感覚的に捉えられない様子でした。

今回のレッスンでの発見は、頭の後ろで組んでいた手を、より頭頂部に近いところで手を組むと、腹筋に力を入れなくても、楽に頭を持ち上げることが出来るようになったことです。

「首の後ろではなく頭の後ろで手を組んで」との指示は出しましたが、その頭の位置も、ほんの数センチの違いで、雲泥の差がありましたので、こちらも勉強になりました。

ホームぺージ運営者
クオリア院長 阿部 隆行

当院院長。カイロプラクティック歴10年以上。フェルデンクライスメソッドの国際ライセンス、2020年取得を目指す。

からだケアルーム クオリアをフォローする
フェルデンクライス ATMレッスン ブログ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
からだケアルーム クオリアをフォローする
相模原市南区古淵の背骨の整体|からだケアルーム クオリア
からだケアルーム クオリア