相模原市南区古淵のフェルデンクライス整体院

フェルデンクライスATMレッスン レポート 2019年5月

フェルデンクライス ATMレッスン レポート

2019年5月に実施されたATMレッスンをレポートします。

肋骨を柔らかくするレッスン

頭の上に伸ばした腕を長くしたり、その姿勢で深呼吸をしたり、脚を長くしたりします。

固まっていた肋骨や、肩甲骨、背骨が柔らかく動き出して、呼吸が楽になり、全身が楽に動けるようになりました。

頭の可動域、腕の位置、胸の広がりや脇腹の広がりが変化しました。

腕を長くするレッスン

横向けで腕組みの姿勢から、肘を様々なやり方で動かして行きますが、この時自分の寄りかかっている部分に意識を向けることで、動きに大きな変化が出てきます。2枚目の写真は、可動域が拡がっていますね。

自分が今何処にいるのか、それを知ることが安心感に繋がり、神経系はリラックスしてきます。

レッスンでは、左側だけ行いましたが、神経系はすでに学習していますので、右にもレッスンをしたような変化が出てくるでしょう。

不思議な感覚を味わって下さい。

股関節、背骨の分化のレッスン

頭の後ろで手を組んで、両足と一緒にスイングする様に同時に持ち上げます。

対角の肘と膝を近づけたり、肘と足を近づけたりします。

座った姿勢で頭を下げた状態で、両足を同時に持ち上げますが、この動きはいきなり始めても難しくてできないかも知れません。

私達の身体は、制約をかけることで、脳が新しい動きを模索し始めます。
そうすることで、分化が起こります。

難しい動きなので、焦らずに。力づくでやろうとせず、時間を掛けてのんびりやりましょう。

目のレッスン

目の中に望遠鏡があるとイメージして、目を閉じてその望遠鏡でゆっくりと左右、上下を見てゆきます。

片眼から始めて、両眼で行い、自分の身体の中をスコープする様に見てゆきます。

身体はほぼ動かさず、目を動かすだけですが、全身が整ってきます。

もちろん目の疲れも取れて、物が良く見えたり、色が鮮やかに見えるようになりました。

骨盤と腕の繋がりを探すレッスン

骨盤を上げ下げしたり、うつ伏せになって、腕を動かしたりしました。

上の2枚はレッスンの開始前とレッスン終了後。片脚を膝にかけ、骨盤を倒すという指示です。

始めはこのポーズ自体が辛くてほとんど倒せませんでしたが、骨盤と肩甲骨、腕が連動して動くことで、レッスン後には楽々倒せるようになりました。

骨盤時計のレッスン

お尻の下に時計の文字盤をイメージして、色んな時間を骨盤で指して行きます。

時計を1周したり、半円、1/4で行ったり来たりしているうちに、自分の動きやすい時間帯、動きづらい時間帯が分かってきます。

骨盤をぐるぐる床の上で転がすシンプルなレッスンですが、レッスン後は無駄な筋肉の緊張が取れて、身体が滑らかに動くようになりました。

タイトルとURLをコピーしました