7月からのグループレッスン時間変更のご案内

フェルデンクライスATMレッスン レポート 2019年6月

フェルデンクライス ATMレッスン レポート

2019年6月に実施されたATMレッスンをレポートします。

足を持って転がる動きのレッスン

四つ這いでおしりを踵に近づけたり戻ったりします。

膝から下をスライドさせる動き、足をクロスさせてお尻を踵に近づけたり、膝からスライドさせる動きを組み合わせて行きます。

膝をクロスさせて、足の間にお尻を降ろし、両手で両足を掴んで後ろに転がります。

スイングをつけて起き上がったり寝転がったりを繰り返します。

普段やらない動きをすると、身体の使い方のバリエーションが増えてゆきます。
この動きは、全体のバランスが整う他に、特に膝の痛みに効果的です。

赤ちゃんのように転がるレッスン

両手を握って口元に持っていき、両膝をお腹の上で宙に浮かせる姿勢。

生まれてまもない頃の赤ちゃんがする姿勢から、周りの環境を眼で観察することから、動きが始まります。

肘と膝を近付けたり、背骨の中心から動きが広がります。

少し説明が難しい動きもありましたが、動きを楽しめましたでしょうか?

最後は少し力を使って起き上がってしまいましたが、頭の軌道など、レッスンでわざと言語化しなかった動きや感覚など、掴めるようになってくると、イマジネーションが広がってくることでしょうね。

保育園の仲良し職員三人組。

一人の方は以前当院でレッスンを受けたことがありますが、あとのお二方はフェルデンクライス自体が初めてでした。

レッスンは笑い溢れる楽しいものとなりました。笑

背骨を上手く使いながら、身体を丸めたり、反らせたりする動きをしますが、次第に左右に転がる動きへと移っていきます。

仰向けで左右に転がる動きから、最後にはいつの間にか座ってしまうという不思議なレッスンなのですが、最後で大苦戦。

なぜか、四つ這いのように起き上がってしまったり、予想外のことが起きすぎて面白かったですね♪

レッスン後は、重心が変わったとか、足の裏が広くなったとか、可動域が変わったとか、その変化に驚いてる様子でした。

是非、またレッスンにいらして下さいね♪

どこよりも楽しく笑って帰っていただくことをお約束します♪

寝返りのレッスン

横になった姿勢から、穏やかに仰向けになる動きです。
動く前に、どこが1番初めに動くかを予想して、実際に動いてみます。
予想通りだったか、予想と違っていたでしょうか。

次は別の部位から転がる動きを穏やかに繰り返します。
最後は目から動き始めます。

普段何気なくしている寝返りですが、注意を向けて小さな変化に気づいた途端に変化がもたらされます。

胸郭を柔らかくするレッスン

両膝を立て、頭の下で手を組んで、スイングする様に頭と脚を持ち上げます。
仙骨の下に拳を入れて、両足を同時に何度も持ち上げます

座って、両足の裏を合わせて、頭を足に近づけたり、足の先の方向に上体をスライドさせたりします。
背中も胸も柔らかく使います。

最後は頭は下げたままで、両足を同時に持ち上げます。
動きに制限を加えると、動きに参加してこなかった部分が目覚めて、動き始めるようになります。

起き上がるレッスン

仰向けで、両膝を立てて両手をウエスト辺りに差し込みます。
肘を上げ下げしたり、肘、股関節、頭と組み合わせて上げ下げします。
肘で床を叩いたり、頭を肘と同時に上げ下げします。
最後は起き上がれたら起き上がってみます。

脚はほとんど動かしませんが、肩甲骨や肋骨、背骨が柔らかくなる事で、脚が軽やかになりました。

もちろん、首肩の凝りも解消します。

ホームぺージ運営者
クオリア院長 阿部 隆行

当院院長。メディカルカイロプラクター。フェルデンクライスメソッドATMレッスン指導講師。施術歴10年以上。専門学校では、昭和大の名誉教授等から解剖や生理などの基礎医学を学び、根拠のある安全な施術と親しみやすさで癒しの場を提供している。

からだケアルーム クオリアをフォローする
フェルデンクライス ATMレッスン ブログ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
からだケアルーム クオリアをフォローする
からだケアルーム クオリア|相模原市古淵|40歳からの悩みに応える整体院
からだケアルーム クオリア