相模原や町田で整体なら古淵かえる整体院

営業時間 10時~20時(土日祝18時まで)定休 月曜・火曜古淵駅徒歩3分 イオン3時間無料駐車場あり アクセスはこちら

フェルデンクライスのFIレッスンとは?

院長
院長

フェルデンクライス・プラクティショナー、メディカルカイロプラクター
古淵かえる整体院のかえる院長です。
※この記事は、以前アメブロに掲載したものを、転載したものです。

さて、前回前々回のブログで、ATMレッスン(体操)の特徴についてお話しました。
今回は、FIレッスン(整体)の特徴と、カイロプラクターから見た注意点などをお話したいと思います。

FIレッスン

Functional Integration(機能統合)と呼ばれる、プラクティショナーの手による施術(レッスン)です。

プラクティショナーの手によって、生徒さんに気づきをもたらすレッスンです。

整体っちゃあ、整体なのですが、その目的がかなり異なります。

治療というより、「学習」なんです。

↑ 変な施術でしょう???

他の整体にはない施術が多いんですよね、フェルデンクライスって。。。

さて、ここで整体とフェルデンクライスのFIレッスンは、何が違うのかをわかりやすくお話しますね。

整体とフェルデンクライスを比較してみた

    

整体・カイロ
以前の元気な自分に戻る=治療

フェルデンクライス
新しい自分を作る=成長・学習

整体やカイロっていうのは、神経の流れを阻害しているものを取り除いて、神経の流れを改善していくイメージですよね。

マッサージなんかも、筋肉のハリやコリをもみほぐして、血流を改善させますよね。

整体もカイロもマッサージも、『元の元気な自分に戻す=治療』なんです。

からだの歪みも直接アプローチしますし、関節が開いていたら、固定するような施術もします。(不安定な関節を固定する施術を行えば、関節周囲の筋肉で関節を安定する必要がなくなるので、結果として、身体がほぐれたりします)

一方、フェルデンクライスはというと・・・

神経の流れを阻害しているものは、それはそれとして置いておいて、新たに配線をつないでいけばいいじゃん!!という考えなのです。

今までしてきたマンネリの動きの結果が「痛み」なので、新しい動きを提案していきます。
『神経の新たな流れを作る=新しい自分を作っていく=成長=学習』というわけです。結果として、痛みがなくなったりするんですね。

フェルデンクライスは、赤ちゃんの成長する過程の動きを元に作られていますので、発達凸凹のお子さんの成長にも不思議と効果があるのです。治療ではなく、学習だからでしょうね。

院長
院長

ただ、整体やカイロのように、関節を安定させるような施術はしません。歪みを治す施術でもないわけです。この辺は、「治療」を目的に考えると、デメリットと考えられる部分でもありますね。

フェルデンクライスは、いかに重力と仲良くなるかが重要なので、地面から頭までどのように動きが伝わるかとか、そんなことを考えながらの施術になります。

まぁ、トリッキーな施術が多いですね。まだ自分も未熟者ですので、他に何か気づいたことがあれば、その都度情報をアップデートしていきますね。

当院はイイトコドリ

当院の場合は、整体もフェルデンクライスもリンパもという、欲張りな施術院ですので、幅広くニーズに対応できます。

    

古淵かえる整体院

治療+成長・学習

というわけです。施術も成長・学習していきまーす♪

では、この辺で。